佐高信
著者のコラム一覧
佐高信評論家

1945年山形県酒田市生まれ。「官房長官 菅義偉の陰謀」、「池田大作と宮本顕治 『創共協定』誕生の舞台裏」など著書多数。有料メルマガ「佐高信の筆刀両断」を配信中。

観光ポスターを見ながら「長崎は今日も雨だった」を作曲 ヒットメーカー彩木雅夫の心意気

公開日: 更新日:

彩木雅夫(2022年9月16日没 享年89)

 落合恵子らのレディフレンドからヒンシュクを買う私の好きな歌に「なみだの操」がある。宮路オサムが歌ってヒットしたが、作曲が彩木雅夫。作詞が千家和也で、

<あなたのために守り通した女の操>

 と始まる。

 HBC(北海道放送)のラジオディレクターから作曲家になった彩木は札幌に住んでいた。そこを宮路が訪ねる。読売新聞社文化部の『この歌この歌手』(現代教養文庫)によれば、東京のお笑いグループ「殿さまキングス」の一人だった宮路は、「自分の歌が欲しかった」。

 そのころ、大阪のお笑いグループ「ぴんからトリオ」が「女のみち」というヒットをとばす。「東の殿キンは西のぴんからに対抗する存在になる」とねらいを定めてチャンスを与えたのがビクターの元ディレクター、斎藤豊である。斎藤は上司だった滝井利信に頼んでデビューの約束を取り付ける。滝井は担当ディレクターに鶴田哲也を指名した。鶴田は後に作家となった山口洋子が「演歌の虫」のモデルにした男である。

 鶴田は千家の詞で彩木の曲をと決めたが、彩木がなかなか取りかからない。鶴田に言われて宮路は札幌に向かった。彩木は宮路に身の上を聞く。問われるままに宮路は高卒後、茨城県から上京し、就職した東京の劇場で下積み生活を送り、やっと一言セリフのある役についたのに「なまりがある。俳優失格」と言われて流しの道に入ったことなどを話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

  3. 3
    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

  4. 4
    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

  5. 5
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  1. 6
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  2. 7
    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

  3. 8
    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

  4. 9
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 10
    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前

    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前