井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

日本も青息吐息。国家と歴史の闇が暴かれる時だ

公開日: 更新日:

「活力と優しさに満ちあふれ、世界に開かれた美しい国、日本」なんて歯が浮くような呪文を唱えていたなと、あの空疎な国葬儀で思い出したのはそれぐらいだ。あれからこの国の何がどう美しくなったというんだ。

 日本中、あの目障りな巨大量販店が駅前の商店街をぶっ潰し、ついでに名画座館まで潰れ、原発事故の毒物処理も先が見えず、若者たちの非正規雇用と格差が増え、殺人事件も増え、自民党は兵隊の頭数だけを増やして政治を私物化し、官僚どもやメディアまで忖度させ、金で何でも買えるという恥知らず者や大企業をひざまずかせ、野党たちを腰抜けにして、モリカケ桜の疑惑処理と政権維持のため、「国葬儀」なんぞを思いつき、国民にロクな断りもないまま国民のカネを使って逃げたのだ。そんな政府がこの惨憺たる荒野にへばりついてるだけだろ。

 挙げ句が、カルト教団とのズルズルの癒着と東京汚職五輪の化けの皮が、連日、日課のように剥がされている始末だ。これが長い独裁政権の最果てだったんだ。一体、活力と優しさに満ちた美しい国とは誰のためのものだったんだと、呆れ果てるばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点