松山ケンイチや阿部サダヲが主演…映画界“孤独死”作品が急増の謎解き

公開日: 更新日:

 エリザベス女王や安倍晋三元首相など、国を挙げての「国葬」が話題になっているが、その対極にあるのが「孤独死」であろう。女優・島田陽子(享年69)も、遺体の引き取り手がおらず、荼毘にふすことができないという報道があったが、内閣府の高齢社会白書によると東京23区内の65歳以上の一人暮らしの死亡者数は4238人(2020年)。孤独死と思われる事例は増加傾向にあり、映画界でも身近なテーマになりつつある。

 現在公開中の荻上直子監督作「川っぺりムコリッタ」には、幼い頃に自分を捨てて家を出た父親が孤独死したという知らせを受け、親子の実感がわかない父親の遺骨の処理に悩む松山ケンイチ扮する主人公が登場する。30日公開の水田伸生監督、阿部サダヲ主演の「アイ・アムまきもと」は、人知れず亡くなった人を埋葬する“おみおくり係”の市職員を主人公にした、孤独死が題材の人間ドラマだ。島田陽子は8月にはようやく荼毘にふすことができたが、近親者がなく、結局マネジャーが遺骨を引き取った例を見ても、これは絵空事の話ではない。

 このところ孤独死を扱った映画が増えているが、死の描かれ方はこの約40年で大きく変わった。伊丹十三監督のデビュー作「お葬式」(84年)は妻の父親が亡くなり、親族代表として初めて葬式を取り仕切ることになった主人公が、無事に葬式を終えるまでをコミカルに描いている。葬式の決まり事や段取り、かかる費用までを盛り込んだ伊丹監督らしいうんちく映画にもなっているが、葬式が故人の友人や親族を呼び集めて、しかも主人公の家で行う一大セレモニーなのが80年代らしい。和泉聖治監督、橋爪功主演の「お日柄もよくご愁傷さま」(96年)は、知人の結婚式の仲人を頼まれた主人公が、式の当日に父親が突然亡くなって、結婚式と葬式を同時にこなすことになるホームコメディー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点