元少年隊・錦織一清「ストーカー被害」でアカウント閉鎖…芸能人とSNSは“もろ刃の剣”

公開日: 更新日:

《いや~今迄警察沙汰で大変でした。マネージャーが居ない僕。いつか刺されるかも…》

 元少年隊で演出家の錦織一清(57)がそうSNSで窮状を訴えた。一部ファンから悪質で執拗なストーカー被害を受けたそうで、警察に通報するとともに、セキュリティー上の理由からツイッターアカウントを閉鎖する事態になっている。

 オフィシャルホームページには、その状況があげられている。

《錦織一清及び関係者へのプライベートエリアでの追跡行為や常識を逸脱した出待ち行為、移動車両に乗り込もうとしてくる等プライバシーを著しく侵害する行為》《また、Fanicon内トークDMにおいても1日に何十回もメッセージを送る、会ってほしい、近くにいる等の文言やユーザー自身の個人情報を送る等の度を過ぎたものも》と。錦織を知る芸能ライターはこう言う。

「ニッキはSNSに前向きな一方、行きつけの飲食店が分かってしまうような書き方もしていて、動向や住所まで分かってしまうと、心配もされていました。マネジャーもいないし、気が気じゃないと、真っ当なファンは心配しています」

 SNSをめぐっては、歌手の世良公則(66)が自身の投稿に対し「許せない」と書き込んだフォロワーの通報を検討していると明かし、報じられたばかり。《SNSにおいても名誉毀損は民法刑法に該当》との主張を明記していて、そうした行為は「許さない」との構えだ。

 一方、「おニャン子クラブ」出身のタレント国生さゆり(55)は「国生さゆりのバアさんとかですね」とのツイートを引用した投稿をして、こちらも報じられた。

《BBAは十二分に自覚している。だからといって一言余計だ ただのBBAではないぞ、日々努力して進化している 今や(魔女の絵文字)だ》

 この反論は好意的に受け止められ、《国生さん、こんなの気にしないでくださいね》の声が多数寄せられているという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  3. 3
    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

  4. 4
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  5. 5
    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

  1. 6
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  2. 7
    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

  3. 8
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  4. 9
    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

  5. 10
    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ

    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ