芸能界の“ドン”渡辺晋に詰め寄った小柳ルミ子マネジャー(下)「お久しぶりね」を"デュエット"

公開日: 更新日:

 ヒットを飛ばす歌手の裏には、必ず優秀なスタッフがいる。昭和46年に『わたしの城下町』でデビューした小柳ルミ子は南沙織、天地真理とともに"新三人娘"と呼ばれ、その後も『瀬戸の花嫁』『星の砂』などの名曲を残した。数多のライバルを退けて生き残ったのは本人の努力に加え、"芸能界のドン"と呼ばれた渡辺晋社長にも怯まずに意見したマネージャーの森弘明氏の存在があったーー。(全2回の2回目)※敬称略、名前や肩書きは当時

 ◇  ◇  ◇

 昭和55年1月、渡辺プロダクションの社内には緊張感が漂っていた。森氏が小柳の次作の打ち合わせで現場から会社に到着すると、社長室から叱責が聞こえてきた。ドアを開けると、晋社長が「この歌詞でいいのか?」と渡辺音楽出版のプロデューサーに詰め寄っていた。

「筒美京平さんの曲は聞いていたのですが、松本隆さんの詞はその時初めて見ました。(同じ事務所の)太田裕美で実績を上げていた黄金コンビを、同期の担当プロデューサーが小柳に振ってくれたんですね。ただ、『五月雨女坂』というタイトルが目に入った瞬間、小柳には合わないなと思った。おそらく松本さんは太田裕美の座標軸と違いを出すために、演歌寄りにしたんでしょうね。晋社長も詞に納得せず、プロデューサーに『これでいいのか?』と聞いていたのです」

■「社長、私に下駄を預けてください」

 そこで森氏は「社長、私に下駄を預けてください」と言い切った。直前にA面に差し替えた『星の砂』の実績もあり、晋社長は「じゃあ、おまえに任せる」と即答した。

「同期を救わなきゃいけないし、この場を収めなきゃいけない。小柳のためにどんな曲にしたらいいのか、自信もありました」

 森氏は岡田冨美子氏に作詞を依頼した。TBSのタイムキーパーを経て作詞家に転身した岡田氏はのちに『ロンリー・チャップリン』『スシ食いねェ!』などのヒット曲を生むが、当時はまだ大御所の地位にはいなかった。岡田氏の書き上げた『来夢来人』は久々のヒットとなり、全国に同名のスナックが多数誕生するキッカケにもなった。

「『ザ・ベストテン』にはランクインしなかったですが、3年ぶりに10万枚を突破しました。願掛けで禁煙していた私に『タバコ吸ったら?』と言ってくれる人もいましたが、まだ解禁する気にはなれませんでした。一度決めた目標は、達成するまで守らなければ意味ないですからね」

  森氏の意地がヒット曲を引き寄せる。昭和58年7月発売の『お久しぶりね』は有線から徐々に火がつき、年明けには人気音楽番組『ザ・ベストテン』(TBS系)に初めてランクインした。この曲では森氏もコーラスとして参加した。

「『ベストテン』にも呼ばれて、2回出ましたよ。あの番組で歌ったマネジャーは最初で最後じゃないですかね(笑い)。司会の久米宏さんと黒柳徹子さんにマイクを向けられて喋っていたら、後ろのソファーにいた五木ひろしさんが笑っていました。2回目は、小柳が映画『白蛇抄』で最優秀主演女優賞を取った時の記者会見場から中継で出ました。ヒット曲も出ていなかったし、ちょっと変化をつけようとコーラスをしたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  2. 2
    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

  3. 3
    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

  4. 4
    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

  5. 5
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  1. 6
    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

  2. 7
    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

  3. 8
    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

  4. 9
    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

  5. 10
    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」

    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」