安倍氏銃撃事件がモデルの映画「REVOLUTION+1」は大盛況! チケット売り切れ&立ち見続出

公開日: 更新日:

「日本は社会も政治も底が抜けて、中身ってのがもう、なくなってる。今の若者なんて、僕らの世代の若い頃よりもっと悲惨な状況に置かれていると思いますよ」

 そう元日本赤軍で、映画監督の足立正生氏(83)は訴えた。安倍元首相銃撃事件の山上徹也容疑者(42)をモチーフにした新作「REVOLUTION+1」緊急特別版の上映が国葬前日の26日から全国のミニシアターなどで売り切れ続出の人気となっている。歌舞伎町のシンボル、新宿東宝ビル前の雑居ビル地下にある「ロフトプラスワン」での初日はトークイベントも大盛況。立ち見まで出て、ドキュメンタリー作家の森達也氏(66)らの姿があった。

 映画は山上容疑者をモデルにした主人公が、ビデオカメラに偽装した手製の銃を安倍氏に向け、引き金を引くに至るまで、獄中からの回想で描かれている。父は自殺し、兄は失明、母は新興宗教に身を投じ、多額献金の末に自己破産。それできょうだい3人、極貧のなかで追い込まれ、ベンジンを飲んで自殺未遂するなど、絶望の淵にあえぐ。

「底抜けのなか、生きるためには中身から、自分たちでつくり出すしか、具体的なものは何もない。そうした若者たちと対話できるようにしようというのが、今回の映画をつくった本意」と足立氏は続けた。地縁も血縁も分断されたような日本で、すべて自己責任とばかりに社会に放り出された若者たちの絶望に思いを寄せた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害