再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

公開日: 更新日:

 言ってしまえば、9月9日に最後のコンサートを開いた加山雄三(85)だって2世タレント。戦前、戦後の二枚目スター上原謙(1991年没)の長男だ。

 まあ、加山は今さらだが、最近の2世はとかく《親ガチャ》《七光》なんて批判的に見られがちで、本人も売れるまで隠したがったり、あえてアピールしないというのがフツーだ。

「親は親、自分は自分なんでしょうけど、2世を批判するのも、2世がそれを意識しすぎるのも本当にバカバカしい」と、ドラマ制作会社関係者がこう話す。

「生まれた時から芸能界が身近にある2世は“英才教育”を受けたエリートみたいなもので、客観的に見ても《明らかにモノが違う》と感じることが多い。今を時めく仲野太賀だって、13歳で芸能界入りしたのは父親(中野英雄)の影響でしょうけど、今年、28歳でエランドール賞新人賞に選ばれたのは本人の努力の結果です。七光がいつまでも通用するほど芸能界は甘くないですし、せっかくの2世の才能を潰しかねないネット世論にはウンザリですよ」

 ちなみに、日本映画テレビプロデューサー協会のエランドール賞新人賞は「一年を通じて最も活躍した将来有望な新人俳優に贈られる賞」。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問