デビュー40周年 早見優が明かすアイドル時代の秘話…大学進学の真相、“花の82年組”との仲

公開日: 更新日:

 小泉今日子、中森明菜、松本伊代、堀ちえみ、石川秀美らとともに“花の82年組”として80年代アイドルシーンをリードした早見優。今年、デビュー40周年を迎え、春に6枚組のライブDVDをリリースしたのに続き、10月12日に3枚組の完全ベストCDアルバム「Affection~YU HAYAMI 40th Anniversary Collection~」をリリース。40周年を迎えた今の気持ちを聞いた。

「タイトルの『Affection』は“愛情”を意味する言葉。アイドル時代のシングル全曲を収めたベスト盤2枚に、これまで正式にリリースされることのなかったレアな楽曲の数々、さらに新曲も加えて、文字どおり、愛情がいっぱい詰まったアルバムになりました。ファンの皆さんにその愛情が伝わればいいなと思って、一生懸命歌いました」

 ネットなどで早くも話題の新曲3曲には、松本伊代、森口博子、野村義男ら長年の仲良し仲間が参加したほか、2人の娘も制作&ボーカルで参加。作家陣としては、アン・ルイス、美勇士、山川恵津子、平井夏美らそうそうたる顔ぶれが揃い、愛情プラス聴きどころいっぱいの内容になっている。

「今回の選曲に関しては、ファンの方の声がとても大きかったんです。ブログとインスタに加え、ユーチューブを始めるようになって、ライブ配信などをしたりする中で、よりファンの方との距離が近くなって、聴きたい曲やいろいろ作品の要望を受けるようになったんです。それこそ、昔歌った曲を言われて、『そんな曲あったっけ?』みたいな(笑)」

 あらためて40年の歴史の長さと重みを感じさせられるが、彼女の場合、常に一線の舞台で活躍を続けてきた。

「一線かどうかはわからないんですけど(苦笑)、コンスタントにお仕事を続けてこられたのはとてもうれしいことですね。デビューした頃は、40年後にこういう形で歌い続けられるとはまったく思ってもいなかったので。40年後どころか10年後だって思っていなかったですから」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害