北島純
著者のコラム一覧
北島純社会構想大学院大学教授

東京大学法学部卒業、九州大学大学院修了。駐日デンマーク王国大使館上席戦略担当官を経て、現在、東洋学園大学大学院現代経営研究科非常勤講師を兼務。専門は戦略的パートナーシップ、情報戦略、コンプライアンス(腐敗防止)。

映画が描いた「腐敗」のリアル コンプライアンスの専門家が薦める必見3作品

公開日: 更新日:

 東京五輪汚職の摘発が止まらない。大会組織委員会は6月末に解散したが、公表された会計報告はザル。東京地検特捜部は参院選後に強制捜査に着手し、元電通役員の大物、高橋治之・元組織委理事を皮切りに、9月14日には「理事にお願いするのは当然じゃないですか」と戦慄の「公開自白」をしたKADOKAWA角川歴彦会長も逮捕した。五輪スポンサー契約を巡る贈収賄汚職がいま暴かれようとしている。こうした「腐敗」のリアルを描いた必見の映画を社会構想大学院大学教授で情報戦略論、コンプライアンスが専門の北島純氏に挙げてもらった。

■ロシアのドーピングの闇を告発した「イカロス」

 五輪の腐敗を暴いた映画といえば何といっても「イカロス」(2017年)。ソチ五輪(14年)でロシアは最多となる13個の金メダルを獲得したが、実はプーチン大統領の指示で国を挙げてのドーピング(禁止薬物摂取)とその隠蔽工作が行われていた。監督ブライアン・フォーゲルは自転車競技におけるドーピングの効果を追体験すべくモスクワのアンチドーピング研究所所長だったグリゴリー・ロドチェンコフの協力を得て実験映画を製作していたが、その最中の14年12月、ドイツ国営放送(ARD)ドキュメンタリー番組「ドーピング~ロシア陸上チーム・暴かれた実態~」が放映され世界に激震が走る。ここから映画がロシアの陸上界ドーピングの中心人物だったロドチェンコフに焦点を当て、その米国脱出と内部告発をリアルタイムで描くさまは圧巻。ネット配信映画として史上初となるアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した。プーチンはソチ五輪「成功」直後に国威発揚の勢いでウクライナに侵攻しクリミア半島を併合、ロドチェンコフはFSB(旧KGB)に命を狙われているとして現在もFBIの証人保護下にある。

 五輪におけるドーピング疑惑に対して世界反ドーピング機関(WADA)が実施した調査で浮かび上がったのが東京五輪招致贈賄疑惑だ。「日本人は400万~500万ドルを支払った。2020大会は東京が獲得した」とWADA報告書が指摘したことを端緒に仏検察が捜査を開始。現在の東京地検特捜部による捜査はその延長線上に位置する。賄賂であることを「知らなかった」という抗弁はこの時から繰り返されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害