ガーシー議員は沈黙…「アウティング問題」でNHK党・立花党首が即対応の"深刻度"

公開日: 更新日:

 NHK党の参議院議員で暴露系YouTuberのガーシーこと東谷義和氏(50)に白い目が向けられている。

 事の発端は9月11日にライブ配信サービス『ツイキャス』で行った、男性俳優Aと男性タレントBの"熱愛情報"暴露だ。当人サイドに確認した形跡はないのに、その周辺の世界では有名な話として2人の実名を挙げて公表したのだ。

「ガーシー氏は、YouTube開始当初から、いくつかの芸能プロダクションを暴露のターゲットにしてきました。その流れで"アウティング"をしたのであれば、国会議員としてあるまじき行為ですよ」(ワイドショー関係者)

■セクシャリティを暴露するのが国会議員の仕事なの?

 アウティングとは、本人の性のあり方(特に性的マイノリティ)を同意なく第三者に暴露する行為のこと。2015年に起こった『一橋大学アウティング事件』では犠牲者も出た。被害者遺族と大学側が争った民事訴訟では、東京高裁は判決でアウティングに対し、

《人格権ないしプライバシー権などを著しく侵害するものであり、許されない行為であることは明らか》

 と、違法性に言及している。そんな行為を"良識の府"である参議院議員が面白半分で行ったとしたら大問題だろう。実際にSNS上では、

《セクシャリティの部分を暴露して改めてガーシー嫌いだわってなった》

《他人のセクシャリティを暴露するのが議員の仕事なの?》

 など、ガーシー氏への厳しい言葉が並んだ。

「そんな世間の声に敏感に反応したのが、NHK党立花孝志党首でした。一部メディアがガーシー議員のアウティングついて質問状をNHK党に送ったところ、記事の公開される前に立花党首が自身のYouTubeで回答しました。またAさんやBさんやその関係者からNHK党に対してクレームなどの申し出があればガーシー氏の処分など、真摯に対応することを明言していました」(スポーツ紙記者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

  2. 2
    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

  3. 3
    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

  4. 4
    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

  5. 5
    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

  1. 6
    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

  2. 7
    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

  3. 8
    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

  4. 9
    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

  5. 10
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?