松尾潔
著者のコラム一覧
松尾潔音楽プロデューサー

1968年、福岡県出身。早稲田大学卒。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家。MISIA、宇多田ヒカルのデビューにブレーンとして参加。プロデューサー、ソングライターとして、平井堅、CHEMISTRY、SMAP、JUJUらを手がける。EXILE「Ti Amo」(作詞・作曲)で第50回日本レコード大賞「大賞」を受賞。

気鋭の社会学者・周東美材さんと語り合った この国の「未熟さ」が示すもの

公開日: 更新日:

 出版不況が叫ばれて久しいが、新刊の著者のトークイベントを毎日催して盛況の書店が、東京の下北沢にある。店名を「本屋B&B」という。一風変わったその名は本(Books)とビール(Beer)に由来する。実際にビールをはじめとしたドリンクを片手に読書したり、対談を楽しむことができるのだから、本好きの天国といわれるのもうなずける。

 先週ぼくは実に7年ぶりにB&Bのイベントに出演した。気鋭の社会学者・周東美材(しゅうとう・よしき)さんが、あまたの実例を引用して日本のポピュラー音楽文化の特徴を論じた「『未熟さ』の系譜」(新潮社)の出版記念対談である。

 周東さんは1980年生まれの42歳。童謡についてのユニークな研究で注目を集める存在だ。面識はなかったが、先述の新刊がとにかく面白かったので対談依頼を喜んで受諾した。

 ぼくは実作者の立場から、この国の商業音楽に足りないものはメロウ、つまり成熟を求めるまなざしだと長年言いつづけてきた。周東さんは1回り下の世代だが、新刊では腑(ふ)に落ちるフレーズを連発していた。そんな著者に会ってみたいという個人的な興味も携えてB&Bに向かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  2. 2
    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

  3. 3
    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

  4. 4
    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

  5. 5
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  1. 6
    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

  2. 7
    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

  3. 8
    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

  4. 9
    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

  5. 10
    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」

    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」