谷原章介にはなくて羽鳥慎一にあるもの…朝のワイドショー視聴率の差は縮まらず

公開日: 更新日:

 フジテレビ系の朝のワイドショーが谷原章介の「めざまし8」になって間もなく1年半──。テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」を追いかけるため、「とくダネ!」からのリニューアルだったが、いまだ背中も見えない。世帯視聴率は5%前後で、2ケタ台の「モーニングショー」にダブルスコアで置いていかれている。

 谷原はなぜ羽鳥に追いつけないのか。テレビ雑誌編集デスクは「プロの司会者と、司会者という役を演じている俳優の決定的な差です」と言う。

「2人ともスマートでソフトなところは似てるんですが、羽鳥はアナ歴30年近い大ベテラン。番組の中で玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)が暴走したら、石原良純(タレント)を噛ませて中和したり、この話題はストレートなコメントで盛り上げたいという時は、長嶋一茂(スポーツキャスター)に勝手にしゃべらせておく。番組の進行だけでなく、その場その場の演出を考えながら司会をしてます。それに比べ、谷原は台本(番組進行表)通りに進めるのが上手な司会者と思っているのか、盛り上がりそうなおいしいことをコメンテーターが言ってくれても、食い付かずにスルーすることが多い。アドリブが利かないというより、自分がイメージする司会者という“役”から外れることができないんでしょうね」

 谷原は、社会問題や政治の話題に自分なりの意見を挟もうとするのだが、「うたコン」(NHK)など他の出演番組へのハレーションが気になるのか、当たり障りのない“感想”に終わってしまう。ときに、「政府の説明は支離滅裂です」とはっきり批判する羽鳥とは、ここでも違う。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  2. 2
    元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

    元横綱・白鵬の「師匠代行」玉垣親方の素性と評判…異色の経歴、27歳で角界入りの元教師

  3. 3
    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

    元横綱・白鵬が「師匠失格」でも宮城野部屋を潰せない複雑事情…解散で悲鳴をあげるのは審判部

  4. 4
    西武・平良海馬「マイナー契約では絶対行かない。行く意味がない」…あけすけに語ったメジャー挑戦への青写真

    西武・平良海馬「マイナー契約では絶対行かない。行く意味がない」…あけすけに語ったメジャー挑戦への青写真

  5. 5
    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

    元横綱・白鵬「部屋付き親方」はむしろプラス…弟子による暴行で厳罰でも理事長狙う厚顔

  1. 6
    西武・甲斐野央に聞いた「ソフトバンクを見返したいとは思いませんか?」「後悔はある?」

    西武・甲斐野央に聞いた「ソフトバンクを見返したいとは思いませんか?」「後悔はある?」

  2. 7
    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

    「不適切にもほどがある!」第5話で衝撃展開! 阪神・淡路大震災を描いた宮藤官九郎の狙い

  3. 8
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  4. 9
    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

    元プラマイ岩橋良昌 告発の矛先はフジテレビへ…「ワイドナショー」での吉本芸人“非情”ぶりに視聴者不信感

  5. 10
    「ふてほど」河合優実は池松壮亮と年内結婚も? 映画界“最強カップル”の気になる行方

    「ふてほど」河合優実は池松壮亮と年内結婚も? 映画界“最強カップル”の気になる行方