松重豊「孤独のグルメ シーズン10」が10月スタート! 類似ドラマが絶対に勝てないワケ

公開日: 更新日:

 松重豊(59)主演、テレビ東京系の連ドラ「孤独のグルメ」のシーズン10が、10月からスタートすると発表され、ファンから歓喜の声が上がった。

 内容については今さらゴローだろうが、2012年のシーズン1から、はや10年。おかげで「飯テロ」という言葉もスラングじゃなくなった。

「大みそかスペシャルも定着して、すっかり国民的ドラマです。他局もテレ東も二匹目、三匹目のどじょうを狙って類似のグルメドラマを連発していますが、『孤独のグルメ』の人気には遠く及びません」(テレビ誌ライター)

 最近のテレ東なら、20年の「こどものグルメ」はご愛嬌で、21年の飯豊まりえ主演「ひねくれ女のボッチ飯」とか、今年の渋川清彦主演「ザ・タクシー飯店」、ハナコの岡部大主演「しろめし修行僧」なんてのもあった。いずれも「孤独のグルメ」に勝てる予感すらしなかった。

■“ゴローさん”のキャラ立ち=松重豊の演技力

「一番の理由は“ゴローさん”のキャラが立っている、つまり松重さんの演技力でしょうが」とドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏がこう続ける。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問