城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

松方弘樹さんは不倫→離婚で丸3年かかった…香川照之はいつ復帰できるのか?

公開日: 更新日:

故・松方弘樹さんの事務所社長は落ち着いたもので…

 この事態で思い出すのが俳優の故・松方弘樹さんだ。仁科亜季子との2度目の離婚の後、松方さんの事務所社長と話をしていたら、「仕事がまったくなくなってしまったよ」と半ば笑いながら話してくれた。当時、若い女優との不倫が原因で3カ月ほどすったもんだした上での離婚。イメージが悪くなってテレビのバラエティーやドラマの仕事がすべて消えていた。今の香川とまるで同じ立場である。

 そりゃたいへんだと話を聞くと、社長は落ち着いたものだ。

「最初の離婚の時も仁科との不倫からの再婚だったから叩かれたなぁ。あの時は丸3年、仕事がなかったよ。でも、ドーンと構えていれば仕事はそのうち入ってくる。実力があればいいんだ」

 仕事を干されたのが2度目ということもあり、「松方はのんびりとマグロを釣りに出かけているよ」と話していたのが印象に残っている。まさかその釣りが、後年になって仕事につながるとは思っていなかった。

 香川だって、慌てる必要はないだろう。もともと、主役というより敵役的な役どころが多いし、俳優としての演技力は抜群だ。歌舞伎役者としての仕事も可能だろう。こういう時こそ、公私どちらでもやりたいことをやれる時期だ。これまで、その分の収入は稼いできたのだから困るまい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

  2. 2
    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

  3. 3
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  4. 4
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 5
    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

  1. 6
    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

  2. 7
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 8
    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

  4. 9
    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

  5. 10
    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日

    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日