酒好き芸能人の失敗談はもう聞けない? 香川照之の性加害でTVから“泥酔ネタ”が消える

公開日: 更新日:

「本音を言えば、コロナ禍に救われていたところはあった」と、ある芸能マネジャーは漏らす。

 まさに週刊新潮にとどめを刺されたと言っていいだろう、俳優の香川照之(56)は酒癖が悪いことで知られていた。

「多忙な人気タレントほどストレス過多で酒量も増えがち、疲労もあって悪酔いしがちですが、香川さんの一件はコロナ禍の前。さすがに今は飲んでも自宅が多い。泥酔して問題を起こしても、仲間内の家飲みなら“後処理”もしやすいですからね。ただ香川さんのせいで、芸能人の酒癖に対する世間の目はさらに厳しくなるでしょう」(前出の芸能マネジャー)

 南海キャンディーズの山里亮太(45)は、8月23日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)で、かつて泥酔して歌手のMISIA(44)に絡んだエピソードを披露していたが、ネット上では《やばいだろ》《無礼すぎる》なんて非難の声が上がっていた。

「例えばチャンス大城さんとか、お笑い芸人は酒癖の悪さがネタになりがちですが、それも今後は難しくなる。日本が酔っぱらいに寛容だったのは過去の話ですよ。コンプライアンスが厳しくなって、そもそも飲まない若者も増えて、酒席の失敗談自体が《意味不明》みたいです」(在京キー局プロデューサー)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今