24時間テレビで加山雄三が「サライ」を“ラスト生熱唱” 来年のエンディング曲はどうなる?

公開日: 更新日:

 27~28日に放送された「24時間テレビ45『会いたい!』」(日本テレビ系)の世帯平均視聴率が13.8%だったことが分かった。1978年から続く全45回の放送で歴代29位。瞬間最高視聴率は午後8時46分の28.9%。100キロマラソンを完走したEXIT兼近大樹(31)が、出演者とともに「サライ」を歌い始めるシーンだった(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

■番組最高視聴率で“有終の美”

 番組最高視聴率の中、年内での歌手活動引退を発表している歌手の加山雄三(85)が「サライ」を“ラスト生歌唱”。有終の美を飾った。

「サライ」は、92年の同番組内で“みんなが歌える番組のエンディング曲を番組放送中につくる”という企画から生まれた楽曲。日本全国からのメッセージをもとに歌手の谷村新司(73)が歌詞をまとめ、加山が作曲したもので、30年にわたって番組のラストを飾る定番となっていた。

 エンディング前のトークで加山は「感無量ですね。長いこと歌えたってのはありがたいことだと思いますよ。みんなに大切にしてもらってよかったなと思ってる」と感慨深げ。その後、兼近がゴールの両国国技館に1.5キロの地点に迫ると、「Happiness」(嵐)→「どんなときも。」(槙原敬之)→「YAH YAH YAH」(CHAGE and ASKA)→「負けないで」(ZARD)と順に流れ、会場のボルテージは最高潮に。そしてゴールと同時に、満を持して「サライ」の大合唱が始まるお決まりのフィナーレとなった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感