芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

“酒豪”橋本環奈に酒類メーカー熱視線! CM解禁Xデー迫り争奪戦が勃発

公開日: 更新日:

 仕事終わりの1杯目のビールが至福のひと時という橋本環奈(23)が、ついに自宅にサブスクリプション方式のビールサーバーを手に入れたと自ら告白したことで周辺をざわつかせている。

「今年の橋本は初めて主演舞台『千と千尋の神隠し』に挑戦し、アイドルから大人の女優へのイメージチェンジがスムーズに進み、さらなる活躍が期待されています。それだけに“しゃべり過ぎ”はあまり感心できるものではありません。女優はなるべく生活臭を表に出さず、私生活が神秘的な方が演じる役柄の幅も広がりますからね」(ベテラン芸能マネジャー)

■25歳未満はアルコール飲料のCMに起用できず

 こうした声が上がる半面、橋本の情報発信に敏感に反応しているといわれているのがアルコール飲料メーカーだ。特に彼女が「一日も欠かすことができないくらい好き」だと公言してはばからないビール業界と広告代理店関係者は、橋本の動向に熱視線を送っている。

「今、酒類メーカーは、健康志向ブームやコロナ禍の影響で売り上げを落としています。特に若い女性層のアルコール離れは顕著で、業界の死活問題にも発展しかねません。そんな中、あたかも“救世主”のように現れた女神が橋本さんです。彼女がテレビでおいしそうにビールを飲むシーンが流れれば『あれはどこのメーカーのビールですか?』といった問い合わせがテレビ局には複数寄せられるそうですし、橋本さんのライフスタイルに興味を持つ視聴者も少なくないそうです。そんな彼女の“啓蒙力”を私たちはスルーできません」(酒類メーカー関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった