岡田准一が海外でアクションスターになる日 真田広之を崇める「ファイト・コレオグラファー」

公開日: 更新日:

 元V6で俳優の岡田准一(41)の主演映画「ヘルドッグス」(原田眞人監督)の公開が9月16日に控えている。

 深町秋生氏の同名小説が原作で、原田監督とはいずれも主演映画の「関ケ原」「燃えよ剣」に続き3度目のタッグ。岡田は闇落ちして正義も感情も捨て、関東最大のヤクザ組織に潜入する元警官というダークヒーローを演じ、アクションの振り付けも担当している。

「岡田は人気コミックの実写化で2作が公開された主演作『ザ・ファブル』では、アクションシーンの振り付けを担当しており、日本ではまだ浸透していない『ファイト・コレオグラファー』としてクレジットに名を連ねています。撮影中、演技をこなすのみならず、カメラの位置まで計算に入れて演技している国内の俳優ではまれな存在」(映画関係者)

 岡田はすでに、ブラジリアン柔術やフィリピンの棒術・カリなど格闘技の師範資格を持ち、時代劇のために所作、殺陣、馬術を習得。事務所の後輩たちにも指導するほどだそうで、その胸には大きな野望を秘めているという。

「海外進出を目標に掲げているようです。アジアのアクションスターとのコラボ、さらには、ハリウッド進出も視野に入れているようで、岡田と同じように長身でなくても海外で成功した真田広之をリスペクトしているそうです」(映画プロデューサー)

 岡田が海外で躍動する日は近そうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由