好調の「競争の番人」に他局や芸能プロの本音は…フジ“公取委ヨイショ”に別の狙い?

公開日: 更新日:

「ウチみたいな地味な役所の話で大丈夫なのかなあ」と職員も苦笑していた公正取引委員会が舞台のドラマ「競争の番人」(フジテレビ系)は後半に入ってからも好調だ。弱小官庁と自虐しながら、坂口健太郎と杏の審査官が「企業のズルを許さず」と談合や下請けいじめを追及し、容赦なく悪質経営者を追い詰める痛快さが見どころ。でも、他局や芸能プロは、「公取委ヨイショのドラマなんて、よくつくったもんだよ」と皮肉っぽい。どういうことか。

 テレビ局と芸能プロは3年前、公取委に厳しく“叱責”されているのである。

SMAPが解散し、ジャニーズ事務所を離れた稲垣吾郎草彅剛香取慎吾のテレビ出演がほとんどなくなったことに、公取委は『このままでは独占禁止法違反につながる』とジャニーズ事務所に注意を行い、テレビ局も無関係ではないと指摘したんです。処分は注意ですが、これは極めて異例のことで、実際は警告です」(独占禁止法に詳しい弁護士)

 当時は、芸能事務所から一方的に独立したり、移籍した俳優・タレントや歌手は、テレビ局は使わないのが不文律になっていた。公取委は以前から芸能人らをヒアリングするなど、「事務所に逆らうと仕事を干される」実態を調査していて、SMAPの3人の独立のタイミングでガツンとやったのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感