ピンク・レディーが駆けた4年7カ月 稼いだ500億円は闇へ、衝撃の紅白辞退、全米進出の賭け

公開日: 更新日:

事務所に恵まれなかったナゾ

 ピンク・レディーは76年、日本テレビ系「スター誕生!」で見いだされた。この時、スカウトしたのは、吉田拓郎と結婚する前の浅田美代子らを抱え、芸能プロをやっていた相馬一比古。2人のために76年に設立された「T&Cミュージック」のプロデューサーとして辣腕をふるった。

 もう一人は「T&C」社長で経営面を仕切った貫泰夫。貫は大物総会屋、小川薫の中学の同窓だった。東京で証券会社に勤めてから再会したのが縁で、小川の出資などで「T&C」を設立し、借金を抱えていた相馬の芸能プロごと吸収して相馬とともにピンク・レディーを世に送り出した人物だった。

 相馬は「スタ誕」でスカウトした時のことを月刊誌でこう振り返った。

「これなら、いけそうだという予感を持って『スタ誕』の決戦大会に、私は出かけていったんですね。イチかバチか、あたってくだけろ、といった気持ちでした」

 この時、人気だったのは14社のスカウトの目に留まった清水由貴子だった。2人組に興味を持ったのは8社。中でも熱心だった相馬とビクターの担当だった飯田久彦に出会ったことが2人の運命を変えた。

 一方、貫は音楽業界特有の金銭感覚に翻弄され、ピンク・レディーの大フィーバーの陰で経営は火の車になっていく。当時をこう振り返っている。

「世間では500億円儲けたとかいわれますが、実際にT&Cに入ったのは50億円くらい。それも制作費やなんだかんだで出て行って、ぜんぶ消えてしまった……もう口座が維持できなくなってパンクしてやめたということです」(「週刊大衆」83年5月23日号)

 寝る間も惜しんで稼ぎまくったピンク・レディーの2人。では満足に給料をもらっていたのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

    濱田岳は外野の雑音を実力でねじ伏せてきた 同クール2本の連ドラで存在感発揮のワケ

  3. 3
    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

    元「メロン記念日」大谷雅恵さん 借金500万円で自己破産「生活保護からは脱しましたが、生活は今もギリギリ」

  4. 4
    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

    澤村拓一は恩義でロッテ復帰 原巨人また日本人に逃げられ「セットアッパー」穴埋めならず

  5. 5
    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

    ガーシー議員74年ぶりの「招状」にも反省ゼロ! SNSの反応は風向きガラリ

  1. 6
    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

    三浦瑠麗氏にTV出演見合わせドミノ…胸元が透けた国葬“シースルー喪服”を思い出す人も

  2. 7
    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

    三笘薫に100億円超えアーセナル入り情報!FA杯リバプール戦マジック決勝弾で移籍金爆上がり

  3. 8
    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

    日本→フィリピン“現金の運び屋”は「ルフィ」渡辺容疑者のオンナがやっていた

  4. 9
    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

    超低空飛行のフジ「ぽかぽか」は“コンプラ上等”で「笑っていいとも!」の再来となるか

  5. 10
    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき

    中居正広せっかくの復帰も…自ら“年内死亡説”に言及しすぎで「逆に心配」とファンやきもき