ピンク・レディーが駆けた4年7カ月 稼いだ500億円は闇へ、衝撃の紅白辞退、全米進出の賭け

公開日: 更新日:

 駆け抜けた4年7カ月はピンク・レディーにとって何だったのだろう。国民的アイドルの輝かしい栄光の裏側で、稼ぎ出した巨額マネーはアッという間に闇に消えていった……。

 ◇  ◇  ◇

 ミー(根本美鶴代、現・未唯mie)とケイ(増田恵子)。ピンク・レディーを28回にわたって日刊ゲンダイで連載したのは2010年のこと。デビューから35年目。5度目の再結成とアルバム「INNOVATION」発売に合わせ、35年を振り返ってもらう企画だった。

 2人は超多忙だった年月をこう振り返った。

「(移動は)車じゃ間に合わないから衣装の上に洋服を羽織ったまま、車を乗り捨て地下鉄で移動した」

「忙しくてコンサート会場からテレビ局までヘリコプターで移動した」

「車から楽屋までの間に5件の取材が入っている状況が普通にありましたね。歩きながら質問に答えて、途中でちょっと立ち止まって1、2分で写真撮影。それが終わるともうすぐ次の取材」

 睡眠時間は1日3時間ならいい方、時には1時間の仮眠しか取れない超過密スケジュールをこなす日々だった。

 2人がスター街道を突っ走る中で、転がり込むマネーも巨額になった。「ペッパー警部」から「UFO」「サウスポー」と、次々にミリオンセラーを記録するレコードの売り上げ、コンサートやグッズの収入……。もっとも、寝る間もない2人にはお金のことを考える余裕もなかった。

 ピンク・レディーが1976年から81年にかけて稼ぎ出したマネーは350億円とも500億円ともいわれた。そのお金はいったい、どこに消えてしまったのか。

 裏方でピンク・レディーを動かした対照的な2人のキーマンがいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

  2. 2
    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

    NHK大河「鎌倉殿の13人」アッと驚く最終回…義時は惨殺され、八重は生きている?

  3. 3
    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

    森保監督はたとえ続投でも現体制は解体へ…右腕のコーチ陣はW杯後、Jクラブの監督候補に

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

    中居正広が「休養延長」を発表も…大物芸能人ほど《ゆっくり休んで》というコメントが嫌い?

  1. 6
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  2. 7
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  3. 8
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 9
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  5. 10
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに