武田久美子が明かした伝説の「貝殻ビキニ」誕生秘話 ハワイの和食屋がきっかけだった!

公開日: 更新日:

 女優の武田久美子(54)が「上田と女が吠える夜」(日本テレビ系、17日放送)に出演。伝説の“貝殻ビキニ”について語り話題となっている。

 1989年発売の「My Dear STEPHANIE」(ワニブックス)で披露された“貝殻ビキニ”。30年以上経っても、「いまだに、“ゴワゴワしなかったのか?”などと、どこに行っても聞かれる」と本人は話していたが、2014年には、北海道紋別市のホタテキャンペーンガールに就任するなど、今や武田の代名詞である。

 司会の上田晋也(52)に発案者を聞かれると、武田は、「スタッフさんのアイデアです。水着に代わるものを探していたんですが、(撮影場所の)ハワイの和食屋さんで食事をしていたときに、ホタテ貝に盛られた料理が出てきて。これがいいんじゃないかとなった」と明かした。そこで急きょスタイリストが、ホタテ貝を加工して水着を作ったという。

 武田はさらに「その1個前の写真集で“笹で作ったフンドシ”をやったんですね。ウケると思ってやったら、それはそんなにウケなかった。ホタテ貝は何げなくやったものが、いまだに言われて。分からないものですね」と笑った。

 伝説の“貝殻ビキニ”は意図せずして誕生したというわけだが、「グラビアアイドル『幻想』論」などの著書もあるグラビア評論家の織田祐二氏はこう話す。

「“貝殻ビキニ”の登場は衝撃的でした。その後、変形水着などインパクトのあるものでバストや股間を隠すグラビアの流れが生まれます。1990年の田村英里子の“ふんどし半ケツカレンダー”、細川ふみえの“眼帯ブラ”などが象徴的です」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された