風吹ジュンは美魔女でなく妖精! “加齢は悪”を覆す「前向きになる」秘訣は?

公開日: 更新日:

 女優の風吹ジュン(70)と常盤貴子(50)が18日、都内で開催された「資生堂 新プリオールお披露目会」に登場した。風吹は今回新たに同ブランドミューズに加わった。

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「10代の頃と印象が変わらない常盤さんもさることながら、常盤さんをも凌駕する、風吹さんの圧倒的な若さは衝撃的でした。はじける笑顔は、中高年を応援というより、一喝する存在。年齢にあらがうことに必死な美魔女と異なり、彼女の自然に年を重ねた美しさは妖精のようで好感度が高い。今回のイベントは、テレビの視聴率も経済も若さにすり寄るばかりで“加齢は悪”だと思う世の中の概念をガラリと変えたと思います」

 風吹は、20歳のときにユニチカのマスコットガールに選ばれ、モデルデビュー。翌年歌手デビューするとアイドル的人気に。最近では「大豆田とわ子と三人の元夫」(フジテレビ系)で主人公の母が結婚後も思いを寄せていた“性別を超えた恋人”役で話題になるなど、オファーが絶えない。

 前向きになる秘訣について「やっぱり愛情じゃないかな。愛をもって相手を見ると見え方が変わってくる。自分を無にして相手を見つめると、知らないうちに前向きな気分になっている」と語る風吹。その昔、憧れた男性陣にとっても、変わらないルックスはうれしい限り。熟女もシルバー世代にも該当しない風吹ジュンは、まさに中高年のミューズだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された