森英恵さんの偉大な足跡と美空ひばり“不死鳥”衣装秘話 そして孫2人は遺伝子を受け継ぐのか

公開日: 更新日:

「日本映画における女性パイオニア」

 このほど亡くなったファッションデザイナー森英恵さん(享年96)は、そんな呼ばれ方もした。1950年代の日本映画黄金期から石原裕次郎主演の「太陽の季節」に「狂った果実」、吉永小百合の「キューポラのある街」、小津安二郎監督の「秋刀魚の味」など、約400本で衣装を手掛けたからだ。

「裕次郎さんや長門裕之さんのアロハシャツも鮮烈でしたけど、後に裕次郎さんと結婚する北原三枝、南田洋子らの洗練された、磨き抜かれたエレガントな衣装で銀幕を彩った。とても話題を集めたと今も語り継がれています。脚本からイメージを膨らませ、作品のテーマに沿って、デザイン画をつくり、女優に合わせて仮縫い、縫製までこなしていたというのですから、凄いのです」とさる映画関係者は振り返る。

 日本航空のCAの制服、五輪の選手団のユニホームなどで、日本のイメージを世界に印象付けただけじゃなく、芸能界にも彩りを添えた。芸能プロ幹部はこう言う。

「思い出されるのが、美空ひばりさんの東京ドームでの復活コンサート(88年)の衣装です。深紅とゴールドの2着は『不死鳥』をイメージした力強さがありながら、ひばりさんの体調をおもんぱかり、とことん軽量化をはかり、フラットのシューズが目立たないよう、ど派手な帽子をつけた。ひばりさんの力強い歌声、雄姿とともにファンの記憶に焼き付いていると思います」

 タレントの森泉(39)、森星(30)は、森さんの孫。泉は祖母「ママ森」について、こう語っている。

「仕事をするために戦うじゃないけど、自分で独立して、やりたいことをやる。人からどう思われるとかあまり気にしていないんですよ。自分の世界があって、実現したいことを追求していく」

 だから、世界で活躍し、日本人初にして、唯一のパリ・オートクチュール組合正会員となったとの印象らしい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声