秋本鉄次
著者のコラム一覧
秋本鉄次映画評論家

映画評論家。山口県生まれ。広告代理店や出版社を経て現職。“飲む・打つ・観る”“映画は女優で見る”をモットーに、「大人の男のエンタメ」としての娯楽映画や女優の魅力を語る映画評論を展開。

「355」“脳ミソ溶ける”季節には美女スパイ軍団痛快活劇がイチバ~ン!

公開日: 更新日:

 脳ミソが溶けそうなハンパない酷暑には、首から下のみ反応させてドンパチ映画を見たいもの。

 男どもの戦場アクションもいいが、いっそネーチャンたちに思い切り暴れてもらおう、という人に、ガキの頃から美女軍団大活躍映画が大好物の私が自信を持って“激・推し”するのがコレ!

 ちなみにこの謎の数字の題名だが、“355”とはアメリカ独立戦争時における伝説の女性スパイの暗号名で、今回の美女軍団チームの総称だ。

 メンバー5人の女優たちが、国籍だけでなく、白人系、アジア系、ラテン系、ブラック系と人種的にもなるべく偏りを避け、キレイに分けられているあたりは、最近の情勢に鑑みてだろう。

 ジェシカ・チャステイン、ダイアン・クルーガー、ペネロペ・クルス……女優の名前を確かめるだけで目尻が下がり、“勝ったも同然”。あとは勝ち方の問題だ!

 世界中のインフラや金融システムを攻撃可能にするデジタルデバイスが南米某所で開発され、闇マーケットに流出されようとしていた。下手をすれば第3次世界大戦も起こり得る。この世界的な危機に、CIAはメイス(ジェシカ・チャステイン)をはじめ、ドイツ情報局のマリー(ダイアン・クルーガー)、英国情報部のハディージャ(ルピタ・ニョンゴ)、コロンビア諜報機関のグラシエラ(ペネロペ・クルス)に協力を求めた。さらには中国政府のリン(ファン・ビンビン)も加わり、この最強チームは国際的テロ組織に戦いを挑む……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実