こまつ座「頭痛肩こり樋口一葉」一葉への哀切に満ちた鎮魂歌

公開日: 更新日:

 1984年に初演されて以来、再演を重ねている井上ひさしの人気作で、明治の小説家・樋口一葉の晩年の19歳から死後2年までを描いたもの。演出は名手・栗山民也。

 父と兄に先立たれ、若くして樋口家の戸主となった夏子(一葉=貫地谷しほり)。母・多喜(増子倭文江)と妹・邦子(瀬戸さおり)の生活を支えるために、命を削って物語を紡いでいく。

 盂蘭(うら)盆の夜(7月16日)、夏子の前に現れたのは、身請けの大金を通りすがりの婆さんにネコババされたことで自死した遊女の幽霊・花蛍(若村麻由美)。花蛍が見えるのは、生きることに疲れ、幽界に半身を入れた夏子だけ。近しさを感じた花蛍は年に一度、盂蘭盆に夏子の家を訪れるようになる。

 花蛍は夏子に諭され、自分の死の原因となった婆さんがなぜネコババしたのかを追及していくうちに、因縁の連鎖は皇后にまでたどり着く。その皇后も「上一人」が「諸外国に追いつくため一時の休みもなく心を砕く姿に自分が何もしてやれないのでじれったくなって華族の公爵夫人を無視した」と言う。恨みの連鎖に先がないことを知った花蛍は人ではなく、世の中全体にとりつかなければ恨みを晴らせないことに気づく。つまり、世の中の仕組み自体に問題があることを知るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

    再注目の2世タレントSUMIREのハンパない存在感! 父は浅野忠信、母はCHARA

  2. 2
    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

    18歳のロシア人女性がインスタ使用で初の逮捕者に…「過激派」扱いで実刑6年の可能性

  3. 3
    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  4. 4
    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

    花巻東・佐々木麟太郎「高校通算90号」達成も…スカウトが投手と三塁守備を見たがるワケ

  5. 5
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  1. 6
    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

    巨人・坂本勇人“けつあな確定”トレンド入りに…AV男優しみけんが「すごく悔しい」と激白

  2. 7
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  3. 8
    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

    安倍晋三は政治家一家に生まれた平凡な人 空虚な器にジャンクな右派思想を注ぎ込まれた

  4. 9
    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

    はあちゅうとの事実婚解消を発表 カリスマAV男優しみけんを直撃!【独占取材】

  5. 10
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声