桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

隅田川花火3年連続中止の影響か…テレ東中継チームの質低下が心配だ

公開日: 更新日:

 猛暑で少し歩いただけでも息が苦しい。マスクをしなければ、まだましなのに……。

 厚労省のサイトを見ると「夏場は、熱中症防止の観点から、屋外でマスクの必要のない場面では、マスクを外すことを推奨します」と明記されている。いまだにマスクを取ろうとしないのは国民性か。それならメディアがマスクを外しましょうとやれば……。期待してもムダ!?

 そんなコロナ3年目の夏、夏祭りや花火大会も復活しているが、東京の夏の風物詩、隅田川花火大会は今年も早々に中止を決定した。隅田川花火大会といえばテレビ東京で1978年以来、毎年独占中継している。コロナ禍で中止となった昨年も一昨年も特別編として過去の映像と都内近郊から代替打ち上げを行った。

 そして今年も。8月6日「隅田川花火大会~特別編2022~」を1時間半の生放送で「都内のどこか」で隅田川で打ち上げるはずだった花火を再現させた。司会は大会の顔、高橋英樹。以前は真麻も出演、父娘の仲むつまじい姿も番組の名物だったが、数年前から真麻が居なくなり寂しい。他に東MAXこと東貴博と朝日奈央ジャニーズHey!Say!JUMPの知念侑李と有岡大貴ら。

 前半は全国で復活した花火大会の様子。山下清のちぎり絵でも有名な長岡の花火大会や大曲の花火、沼津夏まつりや大阪のなにわ淀川花火大会……。そして、いよいよ青梅と幕張からのスペシャル花火。

 見どころは青梅市納涼花火大会の9分間500連発のスペシャル花火、そして幕張ビーチ花火フェスタの海面を覆いつくす青一色の花火。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

  2. 7
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  3. 8
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  4. 9
    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

  5. 10
    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい

    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい