桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

隅田川花火3年連続中止の影響か…テレ東中継チームの質低下が心配だ

公開日: 更新日:

 猛暑で少し歩いただけでも息が苦しい。マスクをしなければ、まだましなのに……。

 厚労省のサイトを見ると「夏場は、熱中症防止の観点から、屋外でマスクの必要のない場面では、マスクを外すことを推奨します」と明記されている。いまだにマスクを取ろうとしないのは国民性か。それならメディアがマスクを外しましょうとやれば……。期待してもムダ!?

 そんなコロナ3年目の夏、夏祭りや花火大会も復活しているが、東京の夏の風物詩、隅田川花火大会は今年も早々に中止を決定した。隅田川花火大会といえばテレビ東京で1978年以来、毎年独占中継している。コロナ禍で中止となった昨年も一昨年も特別編として過去の映像と都内近郊から代替打ち上げを行った。

 そして今年も。8月6日「隅田川花火大会~特別編2022~」を1時間半の生放送で「都内のどこか」で隅田川で打ち上げるはずだった花火を再現させた。司会は大会の顔、高橋英樹。以前は真麻も出演、父娘の仲むつまじい姿も番組の名物だったが、数年前から真麻が居なくなり寂しい。他に東MAXこと東貴博と朝日奈央ジャニーズHey!Say!JUMPの知念侑李と有岡大貴ら。

 前半は全国で復活した花火大会の様子。山下清のちぎり絵でも有名な長岡の花火大会や大曲の花火、沼津夏まつりや大阪のなにわ淀川花火大会……。そして、いよいよ青梅と幕張からのスペシャル花火。

 見どころは青梅市納涼花火大会の9分間500連発のスペシャル花火、そして幕張ビーチ花火フェスタの海面を覆いつくす青一色の花火。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドラフト前にスカウト困惑…九州国際大付監督が調査書「指名球団以外書かない」の波紋

    ドラフト前にスカウト困惑…九州国際大付監督が調査書「指名球団以外書かない」の波紋

  2. 2
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  3. 3
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

  4. 4
    デイトレーダーの“プロ”は平均年収1000万円…誰でもなれるが1年後には9割が撤退する

    デイトレーダーの“プロ”は平均年収1000万円…誰でもなれるが1年後には9割が撤退する

  5. 5
    福山雅治“アラフィフパワー”全開で竹内涼真&横浜流星に圧勝!「沈黙のパレード」が絶好調

    福山雅治“アラフィフパワー”全開で竹内涼真&横浜流星に圧勝!「沈黙のパレード」が絶好調

  1. 6
    菅前首相の弔辞“使い回し疑惑”報道で大騒ぎ!SNSでは「山縣有朋」がトレンドワード入り

    菅前首相の弔辞“使い回し疑惑”報道で大騒ぎ!SNSでは「山縣有朋」がトレンドワード入り

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    天皇陛下とチャールズ新国王…心配される共通項とは? 日本の皇室は英国王室がお手本

    天皇陛下とチャールズ新国王…心配される共通項とは? 日本の皇室は英国王室がお手本

  5. 10
    1泊最大8000円引き! いよいよ始まる「全国旅行支援」最新情報

    1泊最大8000円引き! いよいよ始まる「全国旅行支援」最新情報