高橋一生の“共演者キラー”健在なり 今度は飯豊まりえと熱愛報道、過去にも次々ウワサに

公開日: 更新日:

 衝撃のニュースが飛び込んできた。5日発売の「FRIDAY」が飯豊まりえ(24)と高橋一生(41)の熱愛を報じたのだ。

 2人は2020年末と21年末に放送された「岸辺露伴は動かない」(NHK)で共演している。同作は人気コミック「ジョジョの奇妙な冒険」のスピンオフ作品をドラマ化。実写化不可能といわれていたが、その完成度は高く原作ファンからも絶賛され、続編を期待する声も多い。

 とりわけ特殊能力を備えた漫画家、主人公・岸部露伴役の高橋のクセの強い変人ぶりはキャラクター造形が完璧と演技力も高く評価された。飯豊もまた、個性的なコスチュームを着こなし、高橋に振り回される女性編集者・泉京香役をキュートに演じた。息の合った掛け合いが最高、名コンビと言われていたが……。

「そもそも高橋といえば共演者キラーで有名。元々は子役出身ですが、その名が広く知られるのは『名前をなくした女神』(フジテレビ系)のDV夫役でした。その時、妻を演じていた尾野真千子と同棲していたのは有名な話です」(テレビウオッチャー)

 13年10月にも「FRIDAY」が「激流~私を憶えていますか?~」(NHK)で共演した田中麗奈との「手つなぎ半同棲生活」を掲載。さらに18年2月には「FLASH」に森川葵との「合鍵交際」が掲載された。森川ともNHK・BSプレミアムドラマ「プリンセスメゾン」での共演がきっかけだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された