芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

23年後期NHK朝ドラ「ブギウギ」ヒロイン誰が? “笠置シヅ子が歌える”と評判の3人の女優

公開日: 更新日:

 2023年後期のNHK朝の連続テレビ小説「ブギウギ」のヒロインが、間もなく同局から発表されるという。

 "ブギの女王"として一世風靡した戦後の大スター、笠置シヅ子の波瀾万丈な半生を描いたこのドラマのヒロインには、これまでにないスキルの高さが要求される。

「伝説の歌手・笠置シヅ子を題材に置いたことで、芸能プロダクションは大いに浮足立ちました。これまでの、いわゆる"朝ドラのヒロイン"とは明らかに異なった力量を試されるからです。身体全体を使った激しいダンス、明るく天にまで届くような耳に残る歌声、そしてコテコテの大阪弁が要求されるヒロイン…今の芸能界では高畑充希(30)、満島ひかり(36)くらいしか思い浮かびません…」(芸能プロ関係者)

 ただ、高畑は2016年「とと姉ちゃん」ですでに朝ドラのヒロインは経験済みで、満島は年齢が少し高めだ。

 こうした中で、芸能記者たちの間で名前があがっているのが堀田真由(24)だ。最近の朝ドラヒロインがいくつかの大手芸能プロの"持ち回り制"になっているのは否めない事実だ。

■堀田真由はNHKへの貢献度が高く実績あり

 堀田は放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、小栗旬(39)の後妻役として出演しNHKへの貢献度も高く、朝ドラも2020年「エール」、2017年「わろてんか」に出演。スタッフ受けも非常に良いと聞く。そして幼い頃からバレエも習っていたことなども、ヒロイン抜擢の条件にも見合う。

「歌唱力については『エール』の二階堂ふみ(27)が、短期間のボイス・トレーニングと歌唱指導で難題をクリアしたように、その心配は杞憂に終わるでしょうね」(テレビ関係者)

 もうひとり、芸能関係者が熱い視線を送っているのが、橋本環奈(23)だ。

 今年2月から7月にかけて全国公演が行われた「千と千尋の神隠し」で、上白石萌音(24)と互角に渡り合った実力、そして彼女が持つファン層の広さと好感度の高さは絶対的な切り札になるだろう。

「朝ドラはここ数年、深刻な視聴者離れに悩まされています。視聴率を戻すにはすでに数字と人気の裏付けがある女優をキャスティングすることが近道でしょう。これを満たして余りあるのが、まだ"手垢"のついていない橋本……というわけです」(別の芸能プロ関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された