高橋一生は「独身最後の砦」ではなかった? 飯豊まりえとの熱愛報道にもファンは冷静

公開日: 更新日:

 俳優・高橋一生(41)が女優・飯豊まりえ(24)と交際していることを、5日発売の「フライデー」が報じた。高橋は19年に連続ドラマ「東京独身男子」(テレビ朝日系)で主演を務め、“AK男子(あえて結婚しない男子)”を演じたこともあり、「独身俳優最後の砦」などと言われた。

 飯豊との交際報道にファンから悲鳴が上がるかと思われたが、ネットでは《末永くお幸せに。ずっと仲良しでいてください》《二人とも頑張ってください、応援しています》《良いじゃん良いじゃん! お似合いだよ! 2人とも塩顔で好きな顔なので好感持てます。アイドルとかキャピキャピした感じじゃ無くて良かった》といった、2人を祝福するようなコメントが目立つ。

 フライデーによると、飯豊の所属事務所は交際を否定しているものの、2人はすでに“マンション内同棲”をしているという。高橋の年齢を考えると、このままゴールインしても不思議ではなさそうだが、ファンが過剰反応しないのはなぜか?

「高橋さんが“独身俳優最後の砦”と言われたのは、17年にTBS系の『カルテット』や同年のNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』などで、次々と当たり役に恵まれて大ブレークを果たした頃の話。その流れで“AK男子”を演じることになるわけですが、18年には、森川葵(27)が合鍵を使って高橋のマンションに入る様子をキャッチされました。それまでに同棲報道があった尾野真千子(40)や、手つなぎデート報道があった田中麗奈(42)は高橋と同世代の女性でしたが、森川は15歳年下だったため、『あれ? 一生クンもしかして若い子が好きなの?』と幻滅する女性ファンもいました。そうした流れからの今回の飯豊との熱愛報道ですから、高橋の“年下好き”に慣れて今回はショックを受ける女性ファンも少ないようです」(芸能ライター)

 高橋の交際に対して女性ファンの拒絶反応が続出しているわけでもなく、高橋と飯豊が共演したNHKスペシャルドラマ「岸辺露伴は動かない」の続編を見たいという声まで上がっているという。過度な期待をファンに抱かせず、演技力で勝負できた方が、高橋も力を抜いて役者として本領発揮できそうだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変