ピース綾部祐二には2つの夢が「日本の英語を変える」と「ハリウッドスターになること」

公開日: 更新日:

ピース・綾部祐二さん(芸人/44歳)

 2017年にニューヨークに移住して注目を集めたお笑いコンビ、ピースの綾部祐二さん。5月にはロサンゼルスに居を移し、先頃、現地で結婚したことも明らかになった。アメリカでの生活やこれからを語った著書「HI, HOW ARE YOU?」が話題だ。

  ◇  ◇  ◇

 これから僕がやりたいことは2つです。

 ひとつは日本の英語を変えたいということ。5年前、僕は英語をまったく勉強しないままニューヨークにやって来ました。中学、高校でも本当に英語の勉強をやっていなかったので、ゼロのゼロ状態。それでもこっちに来てわかったことがあります。日本での英語の勉強の仕方はすべてが間違いではないけど、英語をしゃべるため、英語を理解するための勉強ではないと思いました。まずそのことを明確にしないといけないと思っています。

 アジアの中でも日本は経済も発展していてすごい国です。でも、日本人は英語を苦手とする人がかなり多い。もう僕らの世代はそれでもいいかもしれないけど、子供や孫の時代になっても今のままだと、日本人は英語ができないために仕事まで失うんじゃないかと心配になります。逆に英語さえできれば、どんどん世界で仕事ができると思います。

 それを実現できるのはストイックに努力した人だけです。中身はインプットつまりたくさんのことを勉強し、アウトプットつまり実践的に使う。この2つをやるしかないんです。これだけ偉そうなことを言っておきながらお恥ずかしい限りですが、僕はそこから逃げて、サボってきた人間です。だからみなさんに、僕みたいにならないようにこう勉強していけばいいということを、最近始めたユーチューブで共有していこうと思っています。

 例えば、単語を1日100個覚えろ! とか、そういうことじゃないんですよね。大切なのはあなたは何のために、どう英語を勉強するのか、そのためにはこういうことが必要だという、英語に対しての向き合い方です。それができるようになるかどうかがカギを握っています。

 僕は40歳から英語の勉強を始めました。最初は嫌いだし、語学は向いていないからと、ずっとフン詰まった状態でした。そんな僕が5年前にタイムスリップして、こんなふうに教えてくれたらいいのにと思うことをやるつもりです。今から英語を勉強する人が僕のように5年もムダにしてほしくないというエールでもあります。

 とても人に英語を教えられるレベルではないのも、十分承知の上で伝えたいんです。若い人がそれを教えてくれるなら英語を勉強してみようと始めて、実際やってみたら、半年、1年で僕をビューンと抜いていくかもしれない。それでいいと思っています。

 英語を勉強するってどういうことかがわかっちゃうと、楽しくやりましょうなんて言えませんね。つらいし、その代わり話せるようになる。僕の話を聞いてそれを感じてほしい。ただ楽しくやりたい人は他のユーチューブで勉強した方がいいと思います。

 ただ僕ぐらいの英語力でも、アメリカ人とだけでなく、中国やイタリア、フランスの人ともちょっとだけしゃべれる感じで会話ができる。これがフランス語、中国語だったら何も話せない。でも、ちょっとだけでも英語ができるなら、会話が生まれるんです。その素晴らしさったらないですよ。世界中の人と英語でコンタクトが取れるんですもん。そのために細かいことじゃなく大きな視点を持つこと。若い人のために、現時点で少しでもお役に立てる英語の勉強法を伝えたいです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された