3年ぶりに下田の国際カジキ釣り大会が開催! コロナ禍でも自分のペースで夏を満喫

公開日: 更新日:

 コロナ感染者が増えているので中止になるイベントは多いけれど、ファンが支える、アーティストのコンサートや各種スポーツ大会などは前向きだ。約2年間、延期・中止・無観客など主催側も客側もどちらにとってもつらく悲しい思いを経て、学び、お互い工夫して今日に至る。

 下田の国際カジキ釣り大会も3年ぶりに行われたので常連の参加者たちもうれしそうだった。3年前に3メートル以上の大物をゲットしているだけに気合も入ったが途中、もの凄いスコール? 今まで生きてきて船上で初めて経験した土砂降りだったのでビビったが、キャプテンが「大丈夫、もっと凄かったこともある!」の言葉を信じた。その後は焼けつくようなピーカン。揚げられなかったが2回かかって盛り上がった。下船後は下田温泉にも入って最高。いつもより参加船が若干少なめだったが、行ってよかった。

 はたまた中止、無観客と続き3年ぶりに有観客で行われた野球・サントリードリームマッチ。それぞれのチームの監督には山本浩二と田尾安志、選手には掛布や篠塚、ギャオス、ラミレス、槙原、懐かしのバースも登場。まだ現役でよいのでは? の高橋由伸他あの顔この顔、レジェンドたちが出るわ出るわの見せ場だらけのお祭り騒ぎ。選手同士も敵味方に分かれてもお互いにリスペクトし合っていて楽しそう。実況の徳光和夫氏の名調子が終始会場にも流れ、始球式の菜々緒のセクシーポーズを打席に立った古田敦也がマネしたり、和田一浩が一塁審判さんとヘルメットと帽子をそれぞれ取っての“ピッカリ和解”の名シーン後、ホームランを打ったり、上原浩治が試合中にチーム移籍して登板し、かつての同僚・由伸と案外本気の対決、フォークボールで空振り三振、OBたちのプレーにファンは大いにビールを飲み、盛り上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景