フジ「純愛ディソナンス」 光石研の演技がスゴイ! 低視聴率でも夏ドラの“ダークホース”に急浮上

公開日: 更新日:

 夏ドラマも世帯視聴率が伸び悩み、大半が、かつて合格点とされていた2ケタに届かない。直近では半分の5%を切るドラマも出ている。

 Hey!Say!JUMP中島裕翔(28)主演の「純愛ディソナンス」(フジテレビ系木曜夜10時)も、初回4%台からついに3%台突入と苦戦中だ。

「今は視聴方法の選択肢が増えたとはいえ、さすがにこの数字では関係者のメンタルが心配」(在京キー局関係者)

 このドラマは、公式HPでは〈令和の新・純愛×ドロドロエンターテインメント!!〉とうたっている。中島初の教師役で生徒と禁断の恋……吉川愛が演じる女子生徒との決して一線を越えてはいけない関係を描いているというのだが……。

「いまだに〈GP帯なら2ケタが合格ライン〉という目線で報じるメディアが多く、5%に届かなければ“負け組”のような印象を与えてしまいますが、『純愛──』は最初の打ち出し方で損をしているような気もしますね」と、テレビコラムニストの亀井徳明氏はこう続ける。

「放送前から〈教師と生徒の純愛〉というイメージが先行して、ネット上でも<使い古されたテーマ、しかもジャニドラ>と揶揄されたり、1993年のヒット作『高校教師』の既視感から否定的に受け止められたのかもしれません。本当の舞台は高校ではなかったことが分かる第3話以降の展開は、見落としたことが悔やまれるような面白さです。ヒロインの吉川さん以外、ほぼ全員“闇”を抱えていて、かつてのジェットコースタードラマ的。見逃せなくなってきました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  2. 2
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  3. 3
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  4. 4
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

  2. 7
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  3. 8
    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

  4. 9
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  5. 10
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂