NHK時代劇は健闘も…“7万人を斬った”大御所・高橋英樹が憂う若手俳優のヒーロー志向

公開日: 更新日:

 NHKはこんな愉快な時代劇を、なんでBSプレミアムなんかで地味に、しかも強力な裏番組が並ぶ時間帯に放送しているのだろう。金曜夜8時の「善人長屋」は、詐欺師、美人局、盗人、贋作師など、裏稼業を持つ連中ばかりが善人を装って住んでいる長屋に、根っから善良でおせっかい焼きの若者が住み着いてしまい、小悪党たちも人助けに巻き込まれる羽目に……という洒落たコメディーである。

 たとえば、第5話(7日再放送)の「犀の子守歌」は、行き倒れの陰間(かげま=男娼)を助けたばっかりに、「死ぬ前に、深い仲だった殿様に一目会いたい」という願いをかなえてやることになり、長屋の連中も一肌脱ぐお話だ。もとより陰間が表から殿様に会えるわけがない。そこで得意の裏稼業でさまざまに仕掛けるのだが……。

 原作はファンタスティックな時代小説を得意とする直木賞作家・西條奈加の同名シリーズで、コミックも人気だ。

「BS時代劇はキャスティングに凝るんです。善人長屋も、着物姿が艶やかな高島礼子や若村麻由美、こわもての吉田鋼太郎、近ごろ芸域を広げている溝端淳平、注目の新人・中田青渚と、それだけで見たくなります。45分で1話完結というライトなドラマですが、ディレクターは大河ドラマ『西郷どん』や『麒麟がくる』なども担当したベテランで、時代劇の面白さ、作り方をよく知っているスタッフで固められています。なぜあんな時間に放送しているのか。50年以上前に始まった『金曜ドラマ』、その後の『金曜時代劇』の伝統です」(テレビ雑誌編集デスク)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

    値上げラッシュなのに…10月1日からの「加熱式たばこ」増税にメーカー各社が異例の対応

  2. 2
    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

    オリ山本由伸は2年連続「投手5冠」確実も…来季はダルビッシュと同じ“悩み”抱える懸念

  3. 3
    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

    JOC竹田前会長“ガサ入れ”情報! 旧皇族自宅の高級マンション前に報道陣殺到し住民困惑

  4. 4
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  5. 5
    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

    広島は5位終戦…いずれやって来る新井時代へ、野村、緒方、金本ら監督経験者待望論

  1. 6
    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

    借金球団のCS進出に物申す! フルマラソンの後の短距離走に意義はあるのか

  2. 7
    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

    米アップル最重要幹部の“不適切ジョーク”が急拡散し辞任へ…同社も認め全米に衝撃!

  3. 8
    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

    石田純一“親心”がアダで仕事激減…息子いしだ壱成と「父子共倒れ」の危機

  4. 9
    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

    フジ「ポップUP!」わずか半年で打ち切り…後釜番組「ぽかぽか」に漂う“万策尽きた”感

  5. 10
    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景

    かたくなな日銀・黒田総裁にイラ立つ岸田官邸…為替単独介入決断の背景