高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。美少女・女優評論家。Webサイト「タレントパワーランキング」(アーキテクト)(https://tpranking.com/)、雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)などで女優や女性アイドルの取材・評論を手がける。発売中のスコラムック「女子ラジオvol.1」(辰巳出版)では坂道シリーズのメンバーらのインタビューを担当したほか、1970年代以降の女性アイドルによるラジオ番組の歴史をたどった18ページにわたる特集記事を執筆。

林ゆめ 強い個性と癒やし系の両面を持つ“ラベンダー”のようなミステリアスさが魅力

公開日: 更新日:

林ゆめ(26歳)

 今年は沖縄返還50周年にあたることもあって、自らも沖縄出身の黒島結菜NHK朝ドラ「ちむどんどん」で沖縄育ちのヒロインを演じ、同じ沖縄出身の仲間由紀恵が母親役で出演。そんな2022年にあえて注目したいのが……北海道出身の夏美女だ。

 沖縄と北海道は地理的な位置も気候も正反対だが、実は大昔に遡って祖先をたどるとDNAが近いという学説があり、実際に現在でも食文化や方言に類似点が少なくない。

 共通点は、沖縄と北海道出身の女優たちにも感じる。特に、ゆっくりと時間が流れるかのようなマイペースな存在感と、性格のおおらかさがよく似ている。

 昨年秋に放送されたドラマ「凛子さんはシてみたい」(MBS、TBS)に出演した林ゆめは北海道富良野市出身で、「ふらの観光親善大使」も務めている。

 1995年10月18日生まれの26歳。雑誌グラビアやファッション雑誌のモデルでも活躍しているほか、今年6月には雑誌「ねことも」(秋水社)に原作を手がけた「林ゆめののんびりネコらいふ」が掲載され、漫画原作者デビューを果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

  3. 3
    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

  4. 4
    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

  5. 5
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  1. 6
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  2. 7
    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

  3. 8
    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

  4. 9
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 10
    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前

    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前