旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

公開日: 更新日:

 テレビのワイドショーが連日、旧統一教会問題について鋭く切り込んでいる。「ミヤネ屋」(日本テレビ系)ではMCの宮根誠司が政治との関わりについて臆することなく発言して注目を集め、「ゴゴスマ」(TBS系)では石井亮次アナも感情をあらわにしながら問題を追及。視聴率も好調だという。

「番組が競い合うように独自取材を行うなんて久しぶりですよ。近年は文春砲だけでなく映像素材まで週刊誌ネタに依拠しすぎていて、スタジオトークに慣れていましたから」というのはワイドショー歴30年のベテランディレクター。ワイドショーが活況を呈するのは久しぶりのことだが、「統一教会問題については我々には蓄積があった」とこう続ける。

「ワイドショー全盛期の1990年代は統一教会の合同結婚式のときも現地まで飛んで取材合戦を繰り広げたものです。当時のスタッフはまだ元気ですし、過去の映像素材はふんだんにある。この問題に関してはスポンサーに遠慮することなく存分に問題を追及できる環境にあるのです」と腕を撫した。

 ベテラン芸能記者の青山佳裕氏が振り返るのは92年夏。桜田淳子が統一教会の合同結婚式に参加し、ワイドショーだけでなく、新聞や週刊誌、女性誌が報道合戦を繰り広げた頃のことだ。炎天下のソウル五輪スタジアムで、当時34歳の桜田は純白のウエディングドレスで2万組超のカップルに加わり、頬に手を当てて、目を細めていたという。式の後半には中曽根康弘元首相からの祝辞も紹介された。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された