黒木瞳監督の捨てきれぬ野望…!長編4作品はいずれも興収1億円未満、“ひき逃げ事件”でとばっちりも

公開日: 更新日:

 女優の黒木瞳(61)が7月28日、オンラインで開幕した映画祭「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2022 Powered by Hulu」(1日まで)のオープニングセレモニーに都内で出席。黒木が同映画祭に参加するのは初めてで、監督作の短編映画「線香花火」が現地で特別上映された。

 同作について黒木は、「私の生まれ育った福岡県八女市黒木町をロケ地にしたいな、と思ったところから始まった」と製作のきっかけを明かした。現地での上映後、「夕張は初めてですが、ふるさとに帰ったような懐かしさを覚えました」と語った。

「監督として4作目の今回は短編映画。コメントからも女優業よりも監督業へのこだわりを感じさせました」(映画ライター)

 監督デビュー作は16年公開の「嫌な女」、第2作は17年の短編「わかれうた」、第3作は「十二単衣を着た悪魔」。

「『嫌な女』は吉田羊木村佳乃のダブル主演だったが、演技派の吉田と黒木監督の意見が合わずに現場がバチバチだったそうです。『十二単──』は主演の伊藤健太郎が公開直前にひき逃げ事故を起こす“悲劇”に見舞われました。いずれも興行収入は1億円にも届かずヒット作はありません」(前出の映画ライター)

 黒木監督は次回作でうるさい外野をギャフンといわせることができるか。出資するスポンサーがいるのかどうかが問題だが。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  3. 3
    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

    三笘薫の市場価値がドイツ戦勝利で爆上がり!W杯後ステップアップで狙い目は英準ビッグクラブ

  4. 4
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  5. 5
    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

    戸田恵梨香がついに踏み込んだ! 加速するドラマ&映画界の“過剰コンプラ”に苦言の背景

  1. 6
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  2. 7
    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

    ファンクラブで30代肉感的美女のエロ動画配信 茨城30歳造園業男の“イケない副業”

  3. 8
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  4. 9
    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

    「#岸田に殺される」がもうすぐ現実に…庶民を待ち受ける大増税が着々と計画中

  5. 10
    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ

    カタールW杯は史上最も不親切な大会…道を知らないウガンダ人バス運転手と恐怖のドライブ