TBS「水ダウ」に抗議の日本吃音協会が“逆炎上”している理由…過剰反応が芸人の仕事を奪う?

公開日: 更新日:

 NPO法人・日本吃音協会は1日、公式ツイッターでバラエティー番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の7月6日放送内容に抗議文を送ったことを明かした。

 企画内容は、「説教中の『帰れ!』額面通り受け取るわけにはいかない説」と題したもので、チャンス大城が仕掛け人となり、後輩芸人のインタレスティングたけしに食事の場で説教し、しどろもどろになる様子が映された。

 放送直後から、「吃音ではないか?」という声は上がっていたが、番組内では吃音を笑ったり、突っ込んだりシーンは基本的にはなかったこともあり、抗議した吃音協会に対してネットでは《吃音のお笑い芸人では笑ってはいけないということ? 逆差別では?》《この抗議は、インタレスティングたけしさんの芸風自体を否定するものになってしまう》という声も上がっている。

 どのような意図での抗議だったのか? 吃音協会に話を聞いた。

■吃音=いじめや精神被害につながる可能性

「放送内容が、吃音者に対する差別と偏見を助長するものと判断したたため、再発防止の観点から番組制作の基準および指針の見直しを求めたものでした。具体的には番組の制作サイド側の演出に、『テロップに吃音の連発表現がある』『「変なやつやな」と芸能人のコメントがある』等々があり、この影響力のある番組を見た特に10代、20代の吃音の当事者への心理的な負担を増やす可能性があることを危惧しました。また、当番組を視聴した視聴者が『吃音=笑っていい』と誤って認識することによる吃音を持つ子供たちへの二次被害を大変憂慮しました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

    旧統一教会「教会改革」会見に“テッシー”登場! 勅使河原秀行氏の変わり様にネット沸く

  2. 2
    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

    カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

  3. 3
    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

    佐津川愛美「ちむどんどん」で独り勝ち? 童顔でも34歳「ドラマ100本」の大ベテラン!

  4. 4
    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

    旧統一教会側が質疑応答でTBS金平茂紀氏に感情露わ! あまりの興奮ぶりに総ツッコミ状態

  5. 5
    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

    700匹のワニ来襲で砂浜を占拠も…地元民が落ち着いているワケは?

  1. 6
    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

    桜田淳子と旧統一教会の45年…全盛期の19歳で入信、10年以上隠しながら34歳で合同結婚式へ

  2. 7
    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

    旧統一教会が“金欠”に…最大の収入減「合同結婚式」参加者激減、大慌てで希望者募る

  3. 8
    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

    旧統一教会会見での激昂ぶりに視聴者もドン引き…福本修也弁護士ってどんな人?

  4. 9
    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

    岸田首相「国連演説」で冷や水浴びる…会場ガラガラ、スピーチも“二番煎じ”で居眠り続出

  5. 10
    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま

    生稲晃子氏の嘘バレた! 旧統一教会“替え歌支援”報道で《これぞ自民クオリティ》と火だるま