高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。美少女・女優評論家。Webサイト「タレントパワーランキング」(アーキテクト)(https://tpranking.com/)、雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)などで女優や女性アイドルの取材・評論を手がける。発売中のスコラムック「女子ラジオvol.1」(辰巳出版)では坂道シリーズのメンバーらのインタビューを担当したほか、1970年代以降の女性アイドルによるラジオ番組の歴史をたどった18ページにわたる特集記事を執筆。

テレビ東京の田中瞳は「最強の女子アナ」になる可能性を秘めた逸材

公開日: 更新日:

 最近のキー局の女性局アナは、幅広い層に支持されている水卜麻美日本テレビ)や弘中綾香テレビ朝日)を除くと、全体的に小粒な印象は否めない。ここ数年に入社した各局の女性アナウンサーを見ると、「どのような人を採用してアナウンサーとして育てていけばいいのか」という人事戦略に迷いが感じられる。

 理想としては、水卜麻美アナのような「親しみやすさ」、フジテレビ局アナ時代の加藤綾子の「華(タレント性)」、大江麻理子テレビ東京報道局)の「アナウンス力」、そして弘中綾香や元TBS田中みな実のような「ユニークな個性」をすべて持ち合わせている女性アナが出てくれば、大きな注目を集めるだろう。

 これらの先輩方と比べるとまだまだ成長中の段階だが、そのすべての要素の可能性の芽のようなものを秘めているのが、テレビ東京の田中瞳だ。

 1996年9月16日生まれ、東京都出身。2019年に入社して、同年8月には早くも「モヤモヤさまぁ~ず2」の4代目アシスタントに抜擢された(初代は大江麻理子)。

 その後、都内の電車内モニターで放送されている「日経電車版」のナビゲーターにも起用され、車掌の制服姿が似合っていて、「通勤電車の癒やし」と呼ばれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

  3. 3
    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

  4. 4
    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

  5. 5
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  1. 6
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  2. 7
    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

  3. 8
    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

  4. 9
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 10
    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前

    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前