高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。美少女・女優評論家。Webサイト「タレントパワーランキング」(アーキテクト)(https://tpranking.com/)、雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)などで女優や女性アイドルの取材・評論を手がける。発売中のスコラムック「女子ラジオvol.1」(辰巳出版)では坂道シリーズのメンバーらのインタビューを担当したほか、1970年代以降の女性アイドルによるラジオ番組の歴史をたどった18ページにわたる特集記事を執筆。

ゆうちゃみは2022年上半期ブレークNO.1の白ギャル!藤田ニコルやみちょぱに通じる適応力

公開日: 更新日:

ゆうちゃみ(20歳)

 藤田ニコルみちょぱゆきぽよ生見愛瑠めるる)と受け継がれてきた「バラエティー番組ギャル枠」の新星として現れた、ゆうちゃみ

 昨年の同時期と比べて出演テレビ番組が増加した「2022年上半期ブレイクタレント」(ニホンモニター調べ)で1位に輝いた。今年4月から「ポップUP!」(フジテレビ系)にもレギュラー出演。

 2001年9月8日生まれ、大阪府出身。「ピチレモン」(学研プラス=休刊)などのモデルを経て、2019年から「egg」(エイチジェイ/大洋図書)の専属モデルとして活躍。以前は本名の古川優奈で活動していたが、今は愛称の「ゆうちゃみ」を正式な芸名にしている。

 現在20歳の彼女は、175センチの長身で色白なビジュアルと、大阪弁で話す明るいキャラクターで人気が上昇中。

 ここ1~2年でバラエティー出演が増えた若手女性タレントは生見愛瑠のほか、ギャル系ではないが10代のカリスマとして注目を集めた山之内すずが挙げられる。この2人はこれまでのギャルタレントと比べると印象がおとなしめで、ルックスも「かわいい」タイプに属する。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  2. 2
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  3. 3
    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

    人気YouTuberでも解散、活動休止に…「芸能人参入で競争激化」だけが理由ではない?

  4. 4
    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

    巨人・坂本は“和解済み女性醜聞”でお咎めなし…香川照之は筋を通したことになる

  5. 5
    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

    日刊ゲンダイ記者が見た「国葬」の裏側…本を読んだり、スマホをいじったり、体操する職員も

  1. 6
    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

    “花束ポイ”ごぼうの党・奥野卓志党首の言い分「RIZINとメイウェザーへの無言の抗議です」

  2. 7
    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

    国葬で友人代表の弔辞 菅前首相に注目《赤塚不二夫さんの時のタモリさんを思い出す》の声

  3. 8
    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

    ジャッジ“四球禍”で本塁打記録61本&打撃三冠に暗雲…大谷のMVPに土壇場で追い風

  4. 9
    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

    「ごぼうの党」代表の花束問題が波及…朝倉未来と山田孝之らダンマリに心配と落胆の声

  5. 10
    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された

    阪神監督人事の暗闘…15年ぶり岡田再登板は「阪急主導」、球団の「平田昇格案」は潰された