「統一協会」批判が30年近く途絶えていたワケ 合同結婚式取材をエサにメディアを操作

公開日: 更新日:

「母親が統一教会の信者で、多額の寄付をして破産させられ恨みがあった」

 安倍晋三元首相を暗殺した山上徹也容疑者は、犯行動機をおおむねこう話しているようだ。

 週刊文春(7月21日号)によると、山上の伯父は、母親が寄付した総額は1億円になるのではないかといっている。山上の父親は自殺し、重度の障害のある兄と共に不遇な子ども時代を過ごした。

 現在は世界平和統一家庭連合と名前を変えているが、統一教会と聞けば、われわれ古い人間は30年ほど前の大騒動を思い出す。

 桜田淳子、山崎浩子、飯干景子と書いても、覚えている人は少ないだろうが、桜田は、山口百恵森昌子と「花の中三トリオ」といわれた超アイドル歌手だった。山崎は新体操の女王といわれ、飯干はワイドショーの人気キャスター。

 この3人娘が、こともあろうに霊感商法で世の批判を受けている統一教会に入信しているとスッパ抜いたのは週刊文春(1992年10月7日号)だった。

 統一教会の悪名を広く知らしめたのは、1980年代中ごろから「朝日ジャーナル」(朝日新聞社・休刊)が始めた「霊感商法」批判キャンペーンであった。霊感商法とは、人の不幸につけ込み、それが先祖の因縁に理由があるなどと不安をあおり、壺や多宝塔、高麗人参濃縮液などを原価の数十倍から数百倍で売り付けるものである。朝日新聞が1987年に集計したところによると、1984年以降の被害は全国で1万3000件、180億円にのぼったという。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速