著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

夏ドラマを見るならこの3本! 公取委ドラマ「競争の番人」は目の付けどころがイイ

公開日: 更新日:

 夏ドラマが始まった。ひとまず(新)マークのドラマを片っ端から見た上で、面白そうなものをいくつか。

 まず月曜のフジテレビ系月9「競争の番人」。杏&坂口健太郎による公正取引委員会を舞台にしたドラマ。公取委はよく耳にするが、実態を知る人は少ないと思うので、その仕事ぶりを見るだけでも興味深い。いいところに目を付けた。カルテル疑惑のホテルオーナー役の山本耕史、ラスボス感のある小日向文世と早々に敵が出てきたのもわかりやすい。高得点だ。

 それにしても小池栄子だ。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で抜群の存在感を見せているが、今回もいい味を出している。原作は前回の「元彼の遺言状」と同じ新川帆立。2クール連続、同じ作家の原作を使うのは初めてのことらしい。

「プリズム」杉咲花はうまい

 火曜は永野芽郁の「ユニコーンに乗って」(TBS系)と杉咲花の「プリズム」(NHK)が同時間帯で激突。「ユニコーン──」は永野が若きスタートアップ企業のCEOというところでお花畑ドラマかとさほど期待はしなかったが、西島秀俊演じるおじさんが転職するという展開にハマってしまった。

 リアル社会では世代間断絶が進んでいるが、どうすればいい形で共生していけるのかドラマで示して欲しい。懸念すべきはお仕事モードから、恋愛モードになること。彼女を慕うビジネスパートナー役の杉野遥亮もいて、初回では早くも西島に嫉妬の炎を燃やしていた。

「プリズム」は杉咲の繊細な演技にクギ付け。やっぱり「おちょやん」はうまい。ただ、両親は離婚しており、父役は吉田栄作が演じているが、その原因が父親のパートナーが男性だったとなり、またこのパターン? 杉咲が初めて好きになった男性(藤原季節)には忘れられない人(森山未來)がいるという展開のようで。

「テッパチ!」やるならやす子でしょ

 水曜の「テッパチ!」(フジテレビ系)は防衛省全面協力による陸上自衛隊ドラマ。白石麻衣のような上官が本当にいるのか。リアリティーを追求するなら、そこはやす子でしょ。が、前回の「ナンバMG5」同様、若い男性がワチャワチャするドラマ、嫌いではないです(笑)。

 深夜の「ザ・タクシー飯店」(テレビ東京系)は町中華×タクシーという謎のコラボ。飯テロドラマのテレ東もついにネタに行き詰まったか!? 町中華は玉袋筋太郎の「町中華で飲ろうぜ」(BS-TBS)に出てきた店も多いけど。

 栗山千明「晩酌の流儀」(テレビ東京系)は自宅での晩酌をおいしく味わうために、すべてをそこに集中させている晩酌女子というキャラは面白く、おつまみもおいしそうでビールが飲みたくなる。が、その一杯が発泡酒。スポンサーとの兼ね合いとはいえ……。

 以上、夏ドラマ速報ということで。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差