尾上松也“すごい顔芸”より「鎌倉殿の13人」後鳥羽上皇役でホントの実力発揮できる?

公開日: 更新日:

 NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」には、片岡愛之助(50)に坂東彌十郎(66)、中村獅童(49)、市川猿之助(46)、8代目市川染五郎(17)と、歌舞伎俳優がたくさん出演している。17日から後鳥羽上皇役として新たに登場するのが、尾上松也(37)だ。

 松也といえば、5歳で初舞台を踏み、数々の子役で多くの賞を受賞。10代の頃は女形を中心に活躍し、20歳の時に父の松助を亡くしてからは、父の弟子を受け継ぎ、2012年には重要無形文化財(総合認定)に認定された。名実ともに一流の歌舞伎役者だ。

 とはいえ、若い人の松也のイメージは、それとは随分異なっているのではないか。これまで多くのミュージカルや映画、ドラマに出演し、19年には、山崎育三郎(36)、城田優(36)とユニット「IMY(あいまい)」を結成。音楽活動も積極的に行っている。

■ミュージカルかコメディーのイメージ

「松也は若い人たちにはミュージカル俳優か“コメディー俳優”というイメージが強いはずです。20年に出演したTBS系の日曜劇場『半沢直樹』ではIT企業の創業者を演じシリアスな演技を見せましたが、同年に主演したBSトゥエルビ『課長バカ一代』では、パーフェクトなバカ課長を演じ、コメディーの才能も発揮しました。以来、松也がテレビで見せる姿はアクの強い、それも顔芸を多用するようなエキセントリックな役が多くなった気がします」(芸能ライター・弘世一紀氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害