二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

吉田拓郎(76)はすべての活動に終止符…歌手の引退決断は「運転免許返納」くらい難しい

公開日: 更新日:

「80歳になる来年5月で歌手引退」を宣言している橋幸夫。加山雄三(85)や吉田拓郎(76)は今年、相次いで引退を発表した。加山は年内でコンサート活動から引退。吉田はすべての活動に終止符。7月21日の「LOVE LOVEあいしてる」(フジテレビ系)が最後のテレビ出演になる。

 芸能界での引退宣言は大半が女性。山口百恵・高田みづえらは結婚を機に引退。安室奈美恵森昌子は“すべてをやりきった”ように引退していった。男性の引退宣言は珍しいが、高齢によるものが大半だ。

「歌手の場合、体力はあっても問題は声。酷使され続けた声帯は勤続疲労を起こす。本来の声が出なくなれば、聴きに来るお客に対して失礼。歌手としてのプライドも許さない」(音楽関係者)

 今後も引退する歌手は出てくるだろうが、正式な引退宣言が必要か否かの判断は課題だろう。

 スポーツ界は体力の問題で引退年齢は若く、引退後はセカンドステージへと進む。芸能界の場合、女性は“結婚”という第二の人生を選択することもできるが、男性は「生涯の仕事として、声が出なくなるまで歌い続けたい」という人が多い。

 芸能界も高齢と共に仕事が減るのは当然だが、活動しない時期が増えても、あえて引退宣言する必要はない。それは運転免許返納にも似ている。年齢的に運転する機会も減り「もう運転は無理かもしれない」とわかっていても、返納すれば「二度と運転できなくなる」という思いも起こる。「また運転できる機会、運転しなければならない状況ができるかもしれない」と、返納できないでいる後期高齢者も少なくない。

 運転を歌に置き換えれば、引退の決断がいかに難しいかがわかる。76歳で決断した吉田のラストアルバムのタイトルは「ah─面白かった」。歌手人生を振り返って正直な気持ちをタイトルにしたのだと思う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

  3. 3
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  4. 4
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

  4. 9
    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

  5. 10
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》