参院選特番“池上無双&太田砲”ともに不発の果て…まるで安倍元首相の“弔い番組”

公開日: 更新日:

 自民党が単独で改選過半数を確保する大勝となった今回の参院選。投票日直前(8日)の安倍晋三元首相の銃殺事件の影響で、開票と同時に一斉に始まった民放各局の選挙特番は、放送ジャーナリストの小田桐誠氏が「どの番組の司会者も奥歯に物の挟まったような言い方になってしまっていたのは否めない」と言う通り、安倍元首相の“弔い番組”の様相を呈していた。

 それも影響したか、選挙特番のたびに、与野党問わず政治家へ忖度なしに切り込むスタイルで“池上無双”と喝采を浴びてきたジャーナリストの池上彰(71)や、昨年10月の衆院選の選挙特番で初司会を務め、舌鋒鋭く政治家に迫り炎上した爆笑問題太田光(57)も、今回は控えめだった。

「池上彰の参院選ライブ」(テレビ東京系)で池上は、当選した元「おニャン子クラブ」の生稲晃子(54)がインタビューに応じなかったことを「政治家としての責務、責任ではないのかなと思いますけどね」と批判。山本太郎に対しては「5カ月で参議院に出るというのは、衆院選で投票した方への裏切りになるんじゃないか」という質問を投げかけてはいたが、番組終了間際に行われた視聴者アンケートで「(今回の)“池上無双”の切れ味は?」と問うと、「鋭かった」が44%、「鋭くなかった」が56%という結果に。視聴者は物足りなさを感じていたようだ。

 池上は「特番の使い方、やり方を考え直した方がいいんじゃないかという意見もありまして、これまでに比べて抑えているところもありました。それが切れ味がなくなっている、そういうところなのかなと思っています」と今回の番組へのスタンスの難しさをにじませた。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走