井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

漂流ニッポン丸よ、どこの港につけるんだ? どいつがまともかアウトか見分けがつかない

公開日: 更新日:

 何を見ても下手。俳優のセリフ回し。トム・クルーズはどうでもいい。戦闘機に乗ってればいい。日本のドラマ映画の会話劇はほんとに下手だ。日常、しゃべってるようにしゃべれない。台本に書かれたまま読んでる。「口語体」で書かれてないのも悪いのだが“棒読み”だ。日常会話に聞こえない。チャンネル替えの隙に映る警察特捜ドラマなんか事件説明の応酬ばかりで(当たり前か)、まるで朗読劇だ。口語に変えたらいいのに、刑事も犯人もセリフをつまらないように言うので精いっぱいだ。もう何十年も日本独特の紋切り型の会話をしている。客も俳優がしゃべるのを聞かないと筋が分からないから聞いてるだけ。わざとらしい口調のヤツも多い。芝居がバレている。

 これは某新聞のコラムに載ってた話だが、昔、演出家に、才媛・市原悦子さんは「セリフをうまく丸め込んで体よく終わらせるんじゃない」と叱られたそうだ。セリフは生きてるものだし、不安定だから、うまく言いくるめると逆に不自然になると。

 日常の会話に“いい間”も“悪い間”もない。言葉は突いて出るのだ。あたかも初めて言うように言い、初めて言いよどむようによどむのがセリフだ。なのに、俳優は言いくるめてしまう。「いいんだ、じゃなく『いいんだよ』だ。語尾に『よ』を付けて」と教えなければならない。これも昔の話だが、勝新太郎さんは「警視─K」という主演ドラマで脚本も自分で書き、原稿用紙に「いいんだヨ……」と鉛筆で書いてから、ヨを消しゴムで半分薄く消してから、その原稿を共演者に渡して「ヨの音は小さく読んで」と教えたそうだ。名優はそこまでこだわって演出したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  2. 2
    橋本環奈は恋愛報道での“共演NG”を覆した! 平野紫耀に次ぐ「相棒」は目黒蓮か松村北斗?

    橋本環奈は恋愛報道での“共演NG”を覆した! 平野紫耀に次ぐ「相棒」は目黒蓮か松村北斗?

  3. 3
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  4. 4
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

  5. 5
    山口百恵ちゃんが歌手になったのは…スタ誕の森昌子ちゃんに刺激されたから

    山口百恵ちゃんが歌手になったのは…スタ誕の森昌子ちゃんに刺激されたから

  1. 6
    「ルフィ」と6代目山口組のただならぬ関係…特殊詐欺事件に絡み組事務所ガサ入れの過去

    「ルフィ」と6代目山口組のただならぬ関係…特殊詐欺事件に絡み組事務所ガサ入れの過去

  2. 7
    3大事務所のYGから大量流出 日本市場と“辞めジャニ”を狙う韓国芸能事務所の最新勢力図

    3大事務所のYGから大量流出 日本市場と“辞めジャニ”を狙う韓国芸能事務所の最新勢力図

  3. 8
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 9
    年金支給額1.9%増は焼け石に水…高齢者の物価上昇率は平均2.5%より過酷、足元では5%に迫る

    年金支給額1.9%増は焼け石に水…高齢者の物価上昇率は平均2.5%より過酷、足元では5%に迫る

  5. 10
    投げた車のキーがカナダ人女性の顔面にグサリ! 嘘のような本当の“事故体験”が大バズり

    投げた車のキーがカナダ人女性の顔面にグサリ! 嘘のような本当の“事故体験”が大バズり