石井亮次が令和の勝ち組フリーアナになれた理由 「ゴゴスマ」好調で「ミヤネ屋」逆転!

公開日: 更新日:

 フリーアナウンサーの石井亮次(45)が、17日放送の「人間検証バラエティー 叡智の狂宴」(日本テレビ)で初MCを務めるというので話題だ。

 石井は「日本テレビ初のMCです。思い返せば24年くらい前、日本テレビのアナウンサー試験を受けたときに、『あなたは明るいじゃなくて、“あ”がとれて“軽い”のよ』と言われ、日本テレビ落ちているんです。24年たって、日本テレビで司会ができる。こんなうれしいことはないので、ほんとに望外の喜びでございます」と取材に答えた。

 現在、フリーとして「ゴゴスマ~GO GO!Smile!~」(CBC、TBS系)でMCを務める石井だが、2020年3月に独立するまではCBCテレビの局アナだった。同志社大学4年在学時の就職活動では、多数のテレビ局のアナウンサー試験を受けたが合格せず、1年留年して再チャレンジして、中部日本放送(現CBCテレビ)の合格をもぎ取った(2000年入社)というから、なかなかの苦労人だ。

 2013年4月には、「ゴゴスマ」のMCに抜擢。当初は名古屋のローカル番組に過ぎなかったが、今ではTBSテレビ系列局でネット放送され、知名度は全国区に。同じく関西のローカル番組から、全国ネットになり、同時間帯視聴率トップだった「ミヤネ屋」(読売テレビ、日本テレビ系)と“午後のワイドショー対決”を繰り広げてきた。

「当初はミヤネ屋の圧勝でしたが、ここ1年ほどの『ゴゴスマ』の猛追は激しく、ミヤネ屋を破り、同時間帯トップを取るようになった。形勢は完全に逆転しています。一昨日(6日)の放送でも、平均視聴率は、『ミヤネ屋』世帯4.9%(個人2.3%)に対し、『ゴゴスマ』世帯5.2%(個人2.6%)と圧勝(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。アクが強く毒舌がウリの宮根アナに対して、ある意味、誠実で普通の人っぽい石井アナの雰囲気が受け入れられるようになったんです。また石井アナは、全国区になってもおごることなく、誰に対しても丁寧に接するので、スタッフ受けも抜群だそうです」(キー局関係者)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感