本多正識
著者のコラム一覧
本多正識漫才作家

1958年、大阪府生まれ。漫才作家。オール阪神・巨人の漫才台本をはじめ、テレビ、ラジオ、新喜劇などの台本を執筆。また吉本NSCの名物講師で、1万人以上の芸人志望生を指導。近著に「素顔の岡村隆史」(ヨシモトブックス)、「笑おうね生きようね いじめられ体験乗り越えて」(小学館)がある。

憔悴しきったナイナイ岡村君を救った相方・矢部君の「公開説教」

公開日: 更新日:

ナインティナインの巻(5)

 2010年7月に岡村君が体調不良で約5カ月間の休養を余儀なくされ、一時は再起不能説まで飛び交いましたが、自分ひとりでなにもかも背負い込まない“ポンコツ宣言”をして、見違えるように明るくなり、無事復帰。順調に時は流れましたが、20年4月、コロナ禍の不適切発言で総バッシングに遭うことになりました。

 来るメール来るメール、関係のない私にまで「本当にすいません。すいません」と謝罪の言葉が並び、本人が追い込まれている感じがひしひしと伝わってきました。マネジャーには「しばらく目を離さんように見てやってね」と連絡を入れながらの毎日でした。

 この時に憔悴しきった岡村君を文字通り救ってくれたのが相方・矢部君でした。オールナイトニッポンで「公開説教」という形で、こんこんと説教をして、叱咤激励をしながらも守り通してくれた矢部君に「コンビ・相方ってありがたい存在だな」と改めて感じました。

 コンビですから、どちらか1人がかけてもここまでやってこれなかったでしょうが、この時の岡村君は矢部君によって本当に救われました。病気休養があったとはいえ、脇目もふらずに長年走り続けた結果生じた、コンビ間の溝、行き違い、見えなくなっていたものをこの時期に一気に取り戻していってくれたと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

    「パナウェーブ研究所」は大学助教授の死亡で5人逮捕…19年前に白装束で世間を騒がす

  2. 2
    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

    佐々木朗希は首脳陣の助言を“右から左”…大谷・イチロー・松井秀にも通じる「頑迷力」

  3. 3
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  4. 4
    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

    クビになった筒香がなぜモテる? 今度は強豪ブルージェイズとマイナー契約、その秘密は…

  5. 5
    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

    山際経済再生相やっぱり旧統一教会とズブズブ!はるばる“ネパール詣で”の過去

  1. 6
    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

    毒蛇じゃなくてよかった…トルコでヘビを噛み殺した2歳の少女が話題に

  2. 7
    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

    亡き息子の“33年前のメッセージ”が川底のビンの中から…奇跡の発見に米国の両親は涙

  3. 8
    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

    ロシア将軍が次々と戦死…不穏な「クトゥーゾフ少将」の訃報

  4. 9
    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

    渡辺美奈代は“家族総出”で工藤静香と差別化? 元おニャン子芸能一家のシタタカ生き残り戦略

  5. 10
    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平

    大谷27号2ラン! 2年連続40本塁打の難敵に“来季ビミョー”な有原航平