「富澤効果」でオファー殺到! 下半期も続くサンドウィッチマン“無双状態”の背景

公開日: 更新日:

 4月期のドラマがすべて終了したが、今期のドラマで最も爪痕を残したのは、お笑いコンビ、サンドウィッチマン富澤たけし(48)ではないかともっぱらだ。

 富澤がキーマンとなる役柄で出演し、最後に大どんでん返しを見事に演じた日曜劇場「マイファミリー」(TBS系)の平均視聴率は絶好調。最終回の爆上がりは富澤の功績ではないかといわれているのだ。制作会社ドラマプロデューサーはこう話す。

「4月期に放送された民放ドラマのなかでダントツだった。全話平均世帯視聴率12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人平均7.9%。なかでも全体を底上げしたのが最終回の踏ん張りです。世帯平均視聴率16.4%、個人平均視聴率10.3%とそれまでの週平均から2%以上もアップさせたんです。間違いなく“富澤効果”ですよ」

現場では笑顔を見せずに「役作り」

 “名演”を見せた富澤の現場での様子を関係者はこう語る。

「役作りのためか現場では一度も笑顔を見せなかったんですよ。常にぶすっと不機嫌な表情をして役に入りきっていました。また、収録中はいつも一人なんです。その代わり演技は完璧。セリフも完全に頭に入っているばかりか、毎回、演技プランを考えてきて監督に確認を取っていた」(ドラマ関係者)

 一方“本業”のバラエティーやお笑いでも勢いが衰える様子はない。現在、コンビでのレギュラーはテレビ12本、ラジオ2本。「日経エンタテインメント7月号」で恒例の「タレントパワーランキング」が掲載されているが、“芸人編”で、サンドウィッチマンは不動の5年連続1位を獲得。さらにダウンタウン松本人志(5位)を抑えて、伊達みきお(2位)、富澤たけし(4位)が個人でも上位に食い込む圧倒的な強さを誇る。

 今回の富澤のドラマ進出で、今後、さらに人気や知名度が上がることが予想されるが、事実、今、富澤の元には多くのドラマ&映画の出演オファーが殺到しているという。前出のドラマ関係者によれば、来年に放送されるNHK大河ドラマ「どうする家康」や2023年春放送予定の連続テレビ小説「らんまん」への出演の打診も舞い込んでいるというのだから驚く。

 俳優としてのキャリアは浅いため、ギャラが格安であることも追い風になっているようだ。今後は俳優&芸人の二足のわらじを履いていくことが想定される富澤。今年下半期もサンドウィッチマンの“無双状態”は続きそうだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質