滑舌が悪くて真田幸村が「さらだゆきむら」に聞こえる(笑)

公開日: 更新日:

 神田山陽が講師を務める講談教室に入って間もなく、弟子入りが許された。1985年12月のことである。

「うちの師匠はとっても柔軟な考えを持っていて、『講談は男が演じるもの』という既成概念を打破して女流の弟子を取り続けました。私みたいな者まで取ってくれたのですから、ありがたい師匠です」

 前座名は神田ふづき。7月(文月)生まれであることから付けた。

落語の前座噺と同じように、講談には修羅場(ひらば)と言われる合戦場面などを読む稽古があります。ところが、私は滑舌が悪くて、真田幸村が『さらだゆきむら』と聞こえちゃうんです。サラダじゃまずいですよね(笑)」

 講談界にも階級制度があり、1990年に二つ目に昇進、茜と改名する。

「昌味さんが入門して、妹弟子ができたので、昇進できました。新作講談をやるようになったのはそれからです。実を言うと、講談をやめようかと考えたことがあるんです。滑舌が悪いというコンプレックスが抜けなかったので。でも、どうせなら自分で作った新作を演じて、お客さんが笑った顔を見てからやめようと思いました。それで、新宿の居酒屋でアルバイトした時の失敗談をもとに、新作を作って高座にかけたらとっても受けて、たくさん笑ってもらえたんです。とたんにやめる気が失せました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 2
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  3. 3
    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

  4. 4
    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

  5. 5
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  1. 6
    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

  2. 7
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  3. 8
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  4. 9
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  5. 10
    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ

    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ